2016年03月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/02(水) 20:03:27.94 ID:CAP_USER.net

    http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/379/379299/


     ソニーは3月2日、2013年2月に発売したVAIO Eシリーズ・Eシリーズ14Pおよび過去に修理したVAIOのうち、
    バッテリーパック「VGP-BPS26」(パナソニック製)の一部において、
    過熱して焼損する可能性があると発表した。販売時および修理時に搭載された可能性があるという。
    対象となるバッテリーパックについては無償で交換するとしており、4月上旬より交換用バッテリーを提供する予定。

     販売時に問題となるバッテリーパックが搭載された可能性がある製品は
    「SVE14139CJW」「SVE1413AJ」「SVE14A38CJW」「SVE14A3AJ」「SVE1513AJ」「SVE1513AJA」「SVE1513AJB」「SVE1513AJD」。

     また修理時に問題となるバッテリーパックが搭載された可能性がある製品は、「VPCCA1/2/3/4シリーズ」
    「VPCCB1/2/3/4シリーズ」「SVE14A1/2/3シリーズ」「SVE1413シリーズ」「SVE1513シリーズ」「VPCEJ2AJ/3AJ」
    「SVE1711AJ/2AJ/3AJ」。VAIOの型名はウェブサイトから確認できる。



    【ソニー「VAIO」バッテリーに過熱・焼損の恐れ、無償交換へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/12(土) 09:46:30.15 ID:CAP_USER.net

    http://iphone-mania.jp/news-105511/


    Apple幹部がユーザーへの質問に回答する形で「iPhoneのアプリを強制終了しても電池の節約にならない」と発言しました。
    やはりアプリ終了は意味がなかった

    以前iPhone Maniaでも、AppleInsiderの記事として、iPhoneのホームボタンをダブルクリックし、
    重なって表示されるアプリのウィンドウを上にスライドしてアプリを強制終了しても、電池の節約にはならないことをお伝えしました。

    しかしこの「強制終了=電池節約」神話は、多くの人に信じられているようです。

    今回米メディア9to5Macの読者Caleb氏がティム・クックCEO宛に「iOSのマルチタスキングアプリを頻繁に終了しますか?
    電池寿命のためには必要でしょうか?」と問い合わせメールを送ったところ、Appleのソフトウェアエンジニアリング
    担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏から返信が戻ってきました。

    答えはシンプルに「いいえ。まったく節約になりません。Appleのご利用ありがとうございます」というものでした(画像を参照してください)。

    Appleの幹部らは、時々問い合わせに直接返信することで知られていますが、クックCEO宛のメール
    をフェデリギ上級副社長が引き取って代わりに返信するというのは、公式にはこれが初めてではないかと9to5Macは述べています。
    アプリを終了しても電池寿命に影響しないわけ

    マルチタスキングビューで表示されているアプリウィンドウの大半は動作しておらず、単なる履歴でしかありません。
    電池に影響を与えるのは、GPSナビゲーションや、バックグラウンドで音楽を再生しているような、実際に動作しているアプリのみです。
    しかもこれらアプリも使用時にしか動作しないため、強制終了が必要となるのは、アプリがフリーズし、リセットが求められる場合のみとなります。

    繰り返しますが、iPhoneでホームボタンをダブルクリックし、アプリを上にスワイプして強制終了しても、残念ながら電池の節約にはなりません。



    【Apple幹部「アプリの強制終了は電池節約にならない」と発言】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/03/11(金) 18:20:56.39 ID:CAP_USER.net
    http://ascii.jp/elem/000/001/132/1132255/?mail



    合同会社コノハズクは3月10日、ハウジングからヘッドバンドまで木で構成するヘッドフォン
    「Konohazuk H3」の先行予約受付を開始した。国内クラウドファンディングの「Kibidango【きびだんご】」で予約できる。

     Konohazuk H3は、素材に岩手県産のブナ材を使用し、ハウジングは無垢材から切削、 ヘッドバンドは成型合板技術を採用している。
    音質設計には、国内ヘッドフォンを設計してきたベテランエンジニアを起用し、木の鳴りを楽しめるチューニングがなされているという。


    通常価格は3万4800円だが、早期割引として30%~40%引きで販売。一般発売は2016年冬を予定しているが、
    予約購入に限り7月から8月に発送する。クラウドファンディングのKibidango【きびだんご】では、支援額に応じた5つのパッケージを用意し、
    価格は2万円から。ラインアップは、以下の通り。
    ・オーダーメイド・パッケージ(3万3000円):ヘッドフォン本体、本革製コードホルダー、オーダーメイド・レーザー刻印、木製外箱、2X2 保証
    ・ミニマル・パッケージ(2万円):ヘッドフォン本体
    ・スタンダード・パッケージ(2万2000円):ヘッドフォン本体、木製外箱、2X2 保証
    ・プレミアム・パッケージ(2万4000円):ヘッドフォン本体、本革製コードホルダー、木製外箱、2X2 保証
    ・ダブル・パッケージ(4万円):ヘッドフォン本体、木製外箱、2X2 保証×2

    【国産材使用、本体すべて木製のヘッドフォンが登場】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/13(日) 19:14:15.84 ID:CAP_USER.net

    http://www.gizmodo.jp/2016/03/chrome_7.html

    今年でもう20年ですって。
    老舗ブラウザのオペラ。インターネット古参のみなさまにはおなじみですよね。

    そのオペラが先日発表した新しいバージョンは、最初からアドブロッカーが組み込まれているというもの。
    同社が発表したところによると、これは、アドブロックアプリを入れたChromeの45%、同じくFirefoxの21%高速化されているとのこと。
    広告を表示しても構わないページを追加する「ホワイトリスト制」も取り入れ、かつアドブロッカーの
    有無でページのロード時間にどれほど差があるのかを確認できる機能もついています。

    とりあえず今回は開発者用バージョンになりますが、今後スタンダードになっていくのでしょうか。



    【Opera最新版を公開、アドブロッカー搭載でChromeより45%高速化】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/13(日) 13:46:00.03 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO98345150R10C16A3QM8000/

     液晶パネルの値下がりが加速している。世界的な景気減速でテレビの販売が伸び悩んでいるのに加え、
    スマートフォン(スマホ)の普及に押されパソコンの出荷も減少。テレビ向けの主力サイズは2015年末に比べ1割程度安い。
    中国勢の設備増強で販売競争が激しくなっている。

     テレビ向けで最も流通量が多い32型のオープンセル(バックライトなどがつかない半製品)の大口向け価格は現在、1枚54~59ドル前後。50ドル台前…



    【液晶パネル、値下がり加速 32型は1年で4割下落】の続きを読む

    このページのトップヘ