2016年02月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/12(火) 13:35:20.02 ID:CAP_USER.net

    http://biz.searchina.net/id/1599313?page=1

    日本を訪れる中国人旅行客の間で人気が高かった製品の1つに、電気炊飯器がある。
    中国で「日本メーカーの電気炊飯器でご飯を炊くと、とても美味しく炊きあがる」という消費者
    のクチコミや評判が広まり、自然発生的にブームが起きたと言えるだろう。

     だが、中国人消費者にとって人気のある電気炊飯器は日本メーカーの製品だけではないようだ。
    韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版は6日、韓国メーカーの電気炊飯器の
    対中輸出規模は日本を抜いて1位になる見込みだと伝えた。

     記事は、韓国貿易投資振興会の発表を引用し、2014年の韓国の電気炊飯器の対中輸出額は1
    479万ドル(約17億5482万円)に達し、輸出額で1位の日本にわずか20万ドル(約2372万円)の
    差まで迫ったと主張。さらに12年から14年にかけて韓国の電気炊飯器の対中輸出額は年60%の成長を見せたとし、
    「15年も同様に成長していれば、すでに韓国メーカーの電気炊飯器の対中輸出額は日本を抜いているはずだ」と論じた。

     さらに中国のネット通販サイトにおいて、韓国メーカーの電気炊飯器の販売台数はすでに
    日本メーカーの販売台数を超えていると主張し、15年11月には中国の大手通販サイトで
    韓国メーカーの電気炊飯器が販売ランキングで1位になったこともあると紹介した。

     韓国が日本を引き合いに出し、電気炊飯器の分野においてまで日本の対中輸出額を上回った
    可能性を論じるのはある意味で驚きだ。だが、それだけ韓国が日本を意識していることの裏返しと言えるだろう。



    【韓国の電気炊飯器は「日本の電気炊飯器より人気」、中国向け輸出で】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/01/13(水) 12:24:32.17 ID:CAP_USER.net
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/13/news077.html

     日本マイクロソフトは1月13日、同社ブランド初のノートPC「Surface Book」を日本で2月4日に発売すると発表した。
    1月14日から予約を受け付ける。参考価格は一般向けが20万4800円(税別)から。

     Windows 10を搭載するノートPC。厚さ約7.7ミリとスリムな上、ディスプレイの脱着部に
    360度折り曲げられる独自ヒンジ「マッスルワイヤ」を採用。さらにディスプレイ部分を外してタブレット
    としても使えるのが特徴だ。専用ペンが付属し、ディスプレイを使って1024段階の筆圧感知を生かした手書きにも対応する。

     3000×2000ピクセル(267ppi)の13.5インチディスプレイ、バックライト付きキーボード、
    5点マルチタッチのガラス製トラックパッドを搭載し、プロセッサは第6世代Core(Skylake)、
    最大512Gバイトのストレージなど性能も高い。

     一般向けは量販店や同社直販サイトで販売し、「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」
    がプリインストールされる。法人向けは認定リセラーなどから販売する。

     一般モデルは、Core i5、8Gバイトメモリ、128ギガバイトストレージのモデルが20万4800円。

    【Microsoft、究極のノートPC「Surface Book」日本で2月4日発売 一般向けは20万円台から】の続きを読む

    このページのトップヘ