2016年01月

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/01/06(水) 15:36:11.01 ID:CAP_USER.net
    http://japanese.engadget.com/2016/01/06/ps-hx500-dsd/


    米ラスベガスで開催の CES 2016 より。ソニーがアナログレコードをハイレゾ音源にデジタル変換する
    ターンテーブル「PS-HX500」を発表しました。ここ数年復活を遂げつつあるアナログレコードの音を、
    PCM 192kHz/24bit もしくは DSD 5.6MHz でデジタル化します。 PS-HX500 はただレコードを再生するだけではなく、
    無料で提供する PC ソフト「Hi-Res Audio Recorder」を使って USB 経由で PC に保存、編集が可能です。
    大きな特徴は一般的な 44kHz/16bit の CD 音質ではな く、PCM 方式ならば192kHz/24bit の WAV 形式で、
    DSD 方式なら 5.6MHz のハイレゾ音源として保存できるところ。

    また PS-HX500 はトーンアームを新設計。ストレートタイプのアームで、普通に再生する場合でも、
    デジタル変換する場合でも高品質な再生が可能になったとしています。全面には誇らしげにハイレゾロゴマークも掲げています。

    アナログレコードを高品質にデジタル化するには、プレーヤーに加えてフォノイコライザー、
    PC に取り込むためのオーディオインターフェース製品などを個別に揃える必要があります。
    しかし、PS-HX500 の場合はこれらの機能をすべて内蔵しており、これ1台と PC があればすぐに作業に
    取りかかれます。もちろんトーンアームやカートリッジの針圧の調整などは必要ですが、個別に機器を接続し、
    調整する手間は大幅に削減できるはずです。

    なお、いくらプレーヤーがいい音を再現できると言っても、レコードの盤面が傷んでいたり、
    元の録音やマスタリングが悪ければそれ以上に良い音は引き出せないことは理解しておく必要があります。

    PS-HX500 の発売時期は春頃。価格は400ポンド前後(約7万円)の見込み。
    ちなみに、ターンテーブルのもう一つの使い方が DJ プレイ。CES 2016 ではテクニクスが、
    DJ たちに人気ながら途絶えていた名機 SL-1200 の復活モデル SL-1200G を発表しています。
    さらに、より高品質パーツを採用したテクニクス50周年記念モデル SL-1200GAE も1200台限定で
    生産することが明らかになりました。SL-1200GAEは2016年夏頃、SL-1200Gは2016年終盤での発売を予定しており、
    価格はまだ決まっていません。

    関連
    【音響】パナソニック、Technicsブランドのターンテーブル「SL-1200」を復活 アナログレコード人気再燃を受け [無断転載禁止]©2ch.net
    http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1452052225/

    【ソニー、アナログ盤をハイレゾ録音できるターンテーブルPS-HX500発表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/17(日) 17:01:37.07 ID:CAP_USER.net

    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/121600064/

    昨今のイヤホンは、耳の穴の中にイヤーピースを差し込むカナル型(耳栓型)が大半だ。
    カナル型には、遮音性が高く細かな音が聞き取りやすいというメリットがあり、急速に普及した。
    一昔前は主流だった、軽い装着感だが音漏れが多いオープン型(開放型)は少なくなり
    、スマートフォンの付属イヤホンくらいにしか見かけなくなってきている。

     一方、カナル型にも大きな弱点がある。「外耳道」という耳の穴をふさいでしまうので、
    耳穴の中で共振が起きる。そのため「サシスセソ」の声の子音がキンキンするような、
    ストレスを感じる音になりがちになるのだ。
     このカナル型の弱点を克服し、キンキンした音をなくしたイヤホンがある。
    元ソニーの技術者が立ち上げた、「音茶楽(おちゃらく)」という小さなメーカーの製品だ。
    一般にはまだ知名度が低いが、新製品が出るとわざわざ来日して購入する海外ユーザーがいるほど、
    オーディオマニアの間でとても名高い存在なのだ。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/121600064/thumb_400_01_px400.jpg

    ソニーから名技術者が独立
     東京・経堂に「音茶楽」という一軒のショップがある。ウィンドーには能登島・案山子窯のかわいらしい
    招き猫が並べられており、店内の片側には天然木を用いたアクセサリーやインテリアグッズがずらりとそろう。
    他にも中国茶・紅茶が並べられたエリアがあり、一見しただけではイヤホンメーカーのショップとは思えない。

     店主の山岸亮氏は1981年、ソニーに入社。当初からイヤホン、ヘッドホンの開発チームに所属し、
    N・U・D・Eシリーズの初号機「MDR-E252」でターボ回路を発明。現在プレミア価格となっている「MDR-E484」
    などのモデルも開発した。なお、MDR-E484は、今でもオープン型ではトップクラスの音質を誇り、
    新品同様の品ならオークションで10万円を超える値がつくこともある。
     続いてスピーカーの開発チームへと移り、「SRS-N100」「SRS-T1」「SRS-Z1」といったアクティブスピーカーを開発。
    いずれもクリアかつ繊細で立体感豊かなサウンドで、コンサートホールのように広い音場が気持ちよい。
    山岸氏が目指す音の世界観が一貫していたことが分かる。
     しかし、山岸氏は2009年にソニーを退職する。「配置換えがあったのですが、ずっと現場にいたかった。
    いちエンジニアでいたかった」という気持ちからだ。そして2010年6月に音茶楽を、まずは茶葉と木製品を扱うショップとしてオープンした。

    「会社を辞めて落ち着いた時間がとれたので、イヤホンで何かできないかなと作ってみました」という山岸氏は、
    次いでカナル型イヤホンのキンキンとした音をなくせるトルネード・イコライザー技術を開発し、
    特許を取得する。この技術は、中国茶の鳳凰単叢蜜蘭香(ほうおうたんそうみつらんこう)の茶葉から発想を得たそうだ。
    「ソニーで働いていた1982年当時にイヤホンの音響回路を開発、特許出願をしたんですね。
    実は今、他社で作られているオープン型イヤホンも、同じ考えの回路が使われています。
    イヤホンの定番となる技術を自分で発明できたという経緯があって、トルネード・イコライザーの開発も何とかなるかなと思いました」(山岸氏)。

    「どんぐり」そっくりのイヤホン
     音茶楽は現在、「Flat4」シリーズと「Donguri」シリーズという2つのイヤホンブランドを出している。
     Donguriシリーズは、協力会社であるTTRの茶楽音人(さらうんど)ブランドでも展開しているイヤホン。
    耳の穴のなかの共振をキャンセルし、カナル型で起こり勝ちなキンキンした音をなくす
    「トルネード・イコライザー」技術と「アコースティックターボ回路」を用いている。
    茶楽音人版はプラスチック製のハウジングを使っており、価格も1万円台からと手ごろな製品だ。



    【【音響】カナル型イヤホンの弱点を解消…元ソニーの技術者が作った「マニアックイヤホン」のスゴさとは?】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/01/06(水) 19:09:10.41 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/01/06/267341.html




    BMWモトラッドは、米国ラスベガスで開幕したCES16で、ヘッドアップディスプレイ(HUD)付きヘルメットのプロトタイプを公開した。

    BMWヘッドアップディスプレイは、交通情報や車両情報をライダーの視野内に直接投影。
    道路上の状況から目をそらさず、ライディングに集中させることで、ライダーの安全をサポートする。
    表示する情報は、空気圧、オイルレベル、燃料残量、走行速度、選択中のギヤといった
    車両ステータスに関連する現在情報に加え、制限速度や道路標識のほか、差し迫った危険に対する
    警告などで構成。将来的には、V2V通信により、突然発生した障害に関する警告といったリアルタイム
    情報のほか、ナビゲーションと連動させ、出発前に計画したルートに関するアドバイスを表示できるようになるという。
    ヘルメットには小さなコンピューターとスピーカーを内蔵。BMWモトラッド マルチコントローラーを使用して
    左ハンドルバースイッチで操作可能で、ライダーは必要とする情報を簡単に選択できる。
    また、情報表示用ディスプレイは市販ヘルメットに組み込むことができ、交換式の充電式バッテリー
    を2つ使用した場合の使用可能時間は約5時間。
    BMWモトラッドでは、このHUD付きヘルメットについて、数年以内に量産レベルに持っていきたいとしている

    【BMW、ヘッドアップディスプレイ付きのスマートヘルメットを公開】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/13(水) 21:11:26.07 ID:CAP_USER.net

    http://gigazine.net/news/20160113-fixstars-ssd-13000m/

    東京に本社を構えるSSDメーカーのフィックスターズが世界最大容量の13TB(1万3000GB)のSSD「Fixstars SSD-13000M」を発売しました。
    フィックスターズ ? ニュース ? フィックスターズ、世界最大容量の13TB SSD 「Fixstars SSD-13000M」を日米同時に発売
    http://www.fixstars.com/ja/news/?p=927

    Fixstars Solid State Drive - Fixstars NVM Solutions
    http://www.fixstars.com/ja/ssd/

    これが2.5インチ(15mm厚)サイズで世界最大容量を実現したSSD「Fixstars SSD-13000M」。
    独自開発のSSDコントローラーを搭載しており、長期間にわたって安定したシーケンシャルI/O性能
    (リード最大540MB/s、ライト最大520MB/s)を実現する国産SSDだとのこと。
    インターフェイスはSATAで、オブジェクトストレージ、ストリーミング配信、CG/VFX編集、
    4K/8K映像処理といった、大容量データに対する安定的なシーケンシャルアクセスが求められる
    アプリケーション適しているそうです。

    Fixstars SSD-13000Mは同じく発表された10TBモデル「Fixstars SSD-10000M」とともに、
    2016年1月13日より日本およびアメリカ市場において受注を開始し、2月下旬より順次出荷予定となっています。



    【フィックスターズ、世界最大13TBの2.5インチSSDを発売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/15(金) 11:21:57.14 ID:CAP_USER.net

    http://news.mynavi.jp/articles/2016/01/08/bdg/
    2016年の干支は「申(サル)」。サルをモチーフにしたキャラクターはさまざまにありますが、
    かつて軽快なジングルとひょうひょうとした語りで大人気となったNECの販促キャラクター
    「バザールでござーる」を覚えているでしょうか?

    「懐かしい!」と思う人も多いかもしれませんが、実は「バザールでござーる」、
    「引退」したわけではないとのこと。しかしながら当時の熱狂さめやった今、
    「バザールでござーる」はいったいどんな活動をしているのでしょうか。

    今回はNECの広報担当の方に、申年を迎えた「バザールでござーる」について、
    その誕生の経緯や「今」の状況などについて聞いてみました。
    ――90年代に一世を風靡した人気キャラ「バザールでござーる」ですが、その誕生の経緯を教えていただけますか?
    「バザールでござーる」は、NECの販売促進キャンペーンをわかりやすく伝えるため、またそれに対し
    て親しみをもってもらうため、さらに話題性を喚起することで店頭を活性化させるために生み出されました。
    1991年11月に「NEC冬の情報生活市(じょうほうせいかついち) バザールでござーる」としてスタートしました。
    まずサブタイトルにもある「情報生活市」と、店頭誘引型キャンペーンである事から、市場という意の「バザール」
    という言葉が浮かび、そこから「バザールでござーる」というキャンペーンタイトルが誕生しました。そしてその後、
    「バザールでござーる」という口調から、必然的に「こざる」のキャラクターが考え出されました。

    ――クリエイティブディレクターの佐藤雅彦氏が手がけたことでも知られるキャラですが、その造形はどうやって決まっていったのでしょうか?
    造形的には、『きちんとしたかわいらしさ』を目標に作られました。無垢だけどいたずら好きで、
    頭はいいけどおっちょこちょいで、くったくのない純真なこざる、そんな性格と精神を持ったキャラクターを表現しました。

    ――「バザールでござーる」の声は俳優の財津一郎さんが務めています。女優さんや女性声優さんのいわゆる
    「かわいい」雰囲気の声ではなく、ひょうきんな印象の財津さんを起用したきっかけは?

    テレビから聞こえてきた時に、瞬間的に視聴者の耳を惹きつけ、離さないくらいの魅力を備えた声を探しました。
    要素としては、個性的であること、印象的であること、世界観を作れること、滑舌がはっきりしていること、
    そして何よりもバザールでござーるのナレーションの独特なテンポ感や間(ま)をその人が作れることなどが条件でした。
    それらをすべて兼ね備えていたのが財津さんでした。

    ――バザールでござーるは一時大ブームとなり、ゲームや絵本など関連グッズも多く展開されました。
    特に印象に残っている/効果的だったグッズは何かありますか?

    「バザールでござーる」にはさまざまなグッズがありますが、キャンペーン期間中に購入者の中から抽選で当たる
    “プレミアムグッズ”が注目を集め、毎回とても多くの応募をいただきました。特に人気があったのは、1
    993年キャンペーン時の「好きにしてちゃぶ台」でしょうか。

    過去のキャンペーンのプレミアムグッズとCMのあらすじは、オフィシャルホームページの「バザールの歴史」コーナーでご覧いただけます。



    【「バザールでござーる」は今どうしているのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ