2015年12月

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/23(月) 23:26:56.90 ID:CAP_USER.net

    http://nge.jp/2015/11/23/post-124264
    11月17日に日本に上陸した『Apple SIM』。昨年10月のiPad Air2発表のタイミングで同時に登場して
    話題をさらったこの『Apple SIM』だが、今回日本で発表されたものは当初予想していたものとは大分違うものだった。

    端的に言えば、日本に住んでいる人にとってはあまり嬉しいポイントは少なく、海外から日本に来る一部の
    旅行者にとっては嬉しいというものになったのである。
    今回はそもそも『Apple SIM』とは何だったか。といったところから日本版の違いなどについて解説したい。

    そもそもApple SIMとは
    『Apple SIM』は、iPadのWi-Fi+Cellular版で使えるアップルが発行するSIMカードだ。
    ただ、ご存知の通り、本来SIMカードは接続する携帯電話網を展開する携帯電話会社と契約し、そのときにもらえる(貸与される)ものである。
    それに対して『Apple SIM』は、Apple Store(Onlineを含む)からiPadのWi-Fi+Cellular版を購入すると、最初から入っているのだ。

    そして設定画面から、どの携帯キャリアのネットワークを使うかと選択するようになり、
    そこから契約まで全てを行うことができるものだ。例えば、契約の必要が無ければ契約しなくてもいいし、
    途中から必要なるようならば途中からでも構わない。
    提携している(『Apple SIM』上で選べる)キャリア間で乗り換えることも可能で、処理はiPad上で完了するため、契約にショップまで出向く必要もない。
    また、海外で利用する場合にも、現地のSIMを空港で買ったりWiFiルーターを借りたりしなくても、
    直接『Apple SIM』がその国で提携しているキャリアの電波を拾ってくれ、同じく設定画面からそのキャリアと契約をすることが可能となる。

    唯一の難点は、キャリアの協力が不可欠な点だ。
    アメリカの場合でも4大キャリアのうち、シェア1位のVerizonはこの『Apple SIM』には対応してくれていない。
    また、Apple Storeで買ったiPadのみが対象であり、キャリアで買ったiPadは条件が異なり、iPhoneに至っては対象外だ。

    日本版はそもそもコンセプトが違う
    これが2014年に発表された際には、日本もApple StoreでWi-Fi+Cellular版のiPadを買えば、
    docomo、SoftBank、auから契約を選べるようになり、面倒なことなく契約/解約したりが可能となり、
    短期的に携帯電話網を使いたい場合などに、活躍するのだろうと予想されていた。

    しかし、残念なことに日本版はほぼキャリアの協力が得られなかったのだろう。
    前述の『Apple SIM』の本来のメリット部分は、どのキャリアも対応してくれていない。
    つまり日本に住んでいる人が日本で使う分には『Apple SIM』のメリットは全く享受できないのだ。
    唯一メリットがあるとすれば、日本から海外に旅行などで行った際に、『Apple SIM』をさしていれば、
    現地のSIMを用意したりしなくとも、iPadの設定から現地ネットワークにデータローミングせず接続できるということだろう。


    また、海外在住の人が『Apple SIM』を差したiPadをもって日本に来た際には、auが1GBあたり
    1,500円でネットワークを使えるようにしてくれているため、メリットがあると言えるだろう。
    ちなみに、日本で販売されているiPadで『Apple SIM』が使えるのはiPad ProとAir2、mini3、mini4の4機種のみ。
    しかも、フル機能を使えるのはApple Storeで購入した製品のみだ。
    話題を呼び、期待された『Apple SIM』であったが、日本では結局キャリアによってそのメリットを失ってしまった。
    どうしても携帯電話契約に関して保守的な日本。
    MVNOの台頭などによって、この先どこかで変わることを期待したい。

    関連
    【通信】iPad向けのSIMカード「Apple SIM」が日本でも販売開始 auがネットワークを担当 [転載禁止]©2ch.net
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1447720625/



    【「Apple SIM」日本上陸するも米国と異なる残念な仕様に。国内邦人ではほぼメリットなし】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/20(金) 22:17:59.91 ID:???.net

    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20151120_731739.html

    Microsoftが「究極のノートPC」とアピールする同社初のノートPC「Surface Book」が直輸入、
    Jan-gle 秋葉原本店が海外版を販売中だ。スペックはCore i7-6600U、メモリ16GB、SSD 512GB、GPU GeForce。
    店頭価格は税抜418,000円(税込451,440円)(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

     なお、国内版は2016年初頭に発売される予定。

    3,000×2,000ドットで着脱式の13.5インチディスプレイを搭載

     Surface Bookは、タッチ操作対応の13.5インチディスプレイ(3,000×2,000ドット)や、第6世代Core i5/i7プロセッサ、
    Windows 10 Proを搭載するノートPC。メモリ容量は8GBと16GBの2種類、ストレージ容量は128GB、256GB、512GB、1TBの4種類がある。
     ディスプレイは着脱可能で、単体でタブレットとして使用できる。キックスタンドを用いたSurface Pro 4などとは異なり、
    キーボードへの装着時はヒンジ部分によってディスプレイが支えられる仕組みだ。キーボードにはバックライトが内蔵されている。

     キーボードとの接続インターフェイスはPCIeで、今回のモデルはキーボード側にGeForceシリーズGPUを内蔵している。
    また、Surface Penによる入力にも対応する。
     筐体の素材はマグネシウム。サイズは312.3×232.1×13~22.8mm。重量は1,516g(キーボードを含む)。
    バッテリーでの動作時間は動画再生時で最長12時間。
     主な搭載機能・インターフェイスはMini DisplayPort、11ac無線LAN、Bluetooth 4.0、
    USB 3.0(2ポート、標準A)、SDカードスロット、SurfaceConnect、ヘッドセットジャック、
    フロントカメラ(5メガピクセル)、リアカメラ(8メガピクセル)、各種センサー(光、加速度、ジャイロスコープ、磁力)。



    【Microsoft究極のノートPC「Surface Book」を直輸入、価格は45万円】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/11/25(水) 21:26:42.37 ID:CAP_USER.net
    http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1511/25/news072.html

     サンコーは11月24日、あごを乗せることでデスクワーク中に正しい姿勢を保てる「あごのせアーム」を発売した。価格は4980円(税込)。


    人の腕と手をイメージしており、いずれも柔らかいウレタン素材を採用。
    机に取り付けて使用するクランプ式で、アーム部は最大95ミリまで伸ばすことができる。
    手、アーム、クランプの接続部は360度回転するほか180度傾斜し、ほおづえの代わりに使うなど配置の自由度が高い。腕枕としても利用できる。





    本体サイズは106(幅)×69(奥行き)×620~710(高さ)ミリ、重量は614グラム。
    対応天板サイズは55ミリまで。手、手部(蝶ナット、ボルト)、アーム、アーム部クランプ
    (クランプ金具×2、蝶ナット、ボルト、回転段階調節ボルト、ブラスチックワッシャー、ナット)、天板用クランプ、レンチ、日本語説明書がセットになっている。

    【サンコー、デスクワークの猫背を矯正する「あごのせアーム」を発売】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/11/26(木) 18:58:02.12 ID:CAP_USER.net
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1511/26/news102.html

     ホームセンターチェーン「カインズホーム」が販売している、棒の先っぽでモノをつかめる
    マジックハンドのような商品「マルチハンドキャッチャー」。もともと雑巾をつかませ狭い
    スペースを掃除するアイテムとして売り出していましたが、秋冬シーズンに合わせ
    「コタツから出なくてもリモコンが取れる」というポップでコタツ売り場近くに並べたところ、
    売上が2倍強に増えたそうです。なるほど、これが最適解だった。


     経営しているカインズの広報部によると、「マルチハンドキャッチャー」(税込198円)は
    狭かったり高かったり手の届かないところのモノがつかめる“第2の手”として2009年に発売。
    当初は洗濯機と壁のすき間に落ちた服をつかむ洗濯小物を想定して開発したため、洗濯や掃除コーナーに陳列していました。

     2014年8月には、つかむ部分のグリップ力を強化した改良版を発売したのですが、
    従来と同じように洗濯・掃除用品として展開。しかし同年冬、商品の使い方をゆるいテイストで提案する
    「らららポップ」の一環として、「コタツから出なくてもリモコンが取れる」というポップとともにコタツ用品近くで
    展開してみたところ、良い売れ行きを見せたそうです。
     2015年秋からは去年の37店舗から77店舗に増やし、再びこの方針で販売したところ、
    8月から11月中旬までの売上が2014年に比べて2倍強までに上がったといいます。
    マルチハンドキャッチャーがつかんだのは家事の負担を減らせる喜びよりも、コタツという安息の地から
    出ずに済む喜びだったということでしょうか、わかりすぎてツラい。

     Twitterでも@AKB_45さんが、カインズホームの店舗でマルチハンドキャッチャーが
    「コタツから出なくてもリモコンが取れる」と大量に陳列されている写真を「カインズホーム始まったな…」と
    投稿したところ、1万4000回リツイートされるなど大きな共感を集めました。商品の購買欲も紹介の仕方でがらりと変わる
    一例であるとともに、人々のコタツへの愛や怠け心が改めて分かる取り組みです。

    【コタツから出なくてもリモコンが取れる神器「マジックハンド」 カインズホームで発売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/24(火) 14:52:03.85 ID:CAP_USER.net

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151124_731927.html
    http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/731/927/01_s.jpg

     プラスワン・マーケティング株式会社は24日、Windows 10 Mobileを搭載するFREETELブランドの
    SIMロックフリースマートフォン「KATANA 01」の11月30日に発売すると発表した。予約開始は11月25日から行なわれる。

     KATANA 01は今年(2015年)の6月に発表されており、4.5型のFWVGA(480×854ドット)IPS液晶を搭載。
    税別予定価格は12,800円。以前の発表では19,800円となっていたが、7,000円安くなった。

     なお、以前一緒に発表された5型HD(720×1,280ドット)IPS液晶を搭載する上位モデルの「KATANA 02」に関しては、
    現在開発中で発売日などについては後日告知するとのこと。こちらは以前の発表で税別予定価格を29,800円としていた。

     KATANA 01の主な仕様は、SoCがクアッドコアで、バッテリ容量は1,700mAh。インターフェイスは、Micro USB、Micro SIM×2、microSDカードスロット。

     対応バンドはGSM 850/900/1,800/1,900MHz、UMTSバンド1/6/19、FDD LTEバンド1/3/8/19で、、
    LTEはNTTドコモとソフトバンクの両方のプラチナバンド帯に対応。

     現在、都内にて製品説明会が行なわれており、詳細は追ってお伝えする。



    【FREETEL、12,800円でWindows10搭載の格安SIMフリースマホを発売】の続きを読む

    このページのトップヘ