2015年07月

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/07/22(水) 09:54:24.57 ID:???.net
    http://ascii.jp/elem/000/001/029/1029468/

    シードは7月10日、医療用コンタクトレンズ「トリガーフィッシュ」の国内認証を
    7月1日に取得したと発表した。緑内障の診断用向けに国内販売を行なう。

     トリガーフィッシュはスイスSENSIMEDが開発した製品で、コンタクトレンズ内部にセンサーを配置
    眼球内圧力から誘発される角膜曲率を観察する。24時間にわたって眼圧の変化をモニターし、緑内障の診断を行なう。

    シードでは、今年秋からの販売を目指して販売体制の準備、臨床データを蓄積して緑内障診断分野での有効活用を進める

    【シード、日本初の医療用スマートコンタクトレンズ発売へ 眼圧の変化をモニターし緑内障診断】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/07/22(水) 19:35:38.36 ID:???.net
    http://www.gizmodo.jp/2015/07/_magsafe.html


    あれっ、あれ…、差し込み口はどこだ? のストレスからの解放。

    磁石式の充電アダプターがお披露目されたとき、そこまで革新的な技術には見えませんでした。
    でもMacBookのMagSafeを使い続けてはや数年、もうこれは永遠に手放せないと思うまでに。
    これがiPhoneとか他のモバイル端末にも使えたらなぁ…と思っていたら出てくれましたよ、モバイル用磁石式充電アダプター「Znaps」が!

    Znapsの作りはいたってシンプル。二つのパーツに分かれていて、まず片方のコネクターをお手持ちの
    モバイル端末の底にあるLightningもしくはmicroUSBポートに差し込みます。そしてもう片方のアダプター
    をそれにカチッと繋げるだけ。磁石の力でくっついてくれるので、夜間や暗い場所
    料理中で片手しか使えないときなんかでも簡単に充電を開始できます。もちろん、充電が完了したら磁石なので
    軽く引っ張るだけで取り外しも簡単で、アダプターをぐぎっと曲げてしまう心配もなさそう。

    まさにモバイル端末の充電アダプターとしては理想的。実はこれ、Kickstarterで120,000ドル(約1500万円)を
    ゴールにキャンペーンやってたんですが、すでに700,000ドル(約8700万円)以上も資金が集まっております。
    もう達成してしまっているので商品化は確実なものとなりました。たしかに、あの充電アダプターを差し込むときの
    モタモタ感から解放されると思えば、この資金の集まりっぷりもうなずけるかも。
    Znapsは9ドル(1,100円)でコネクターとアダプターの一組が購入できます。ちなみに、コネクター、
    アダプターそれぞれの数をお好みで変えることもできますよ。例えば3つ端末があるからコネクターは3個欲しいけどアダプターは1個でいいや、とか。
    すこぶる使い勝手の良さそうなこの充電アダプターが手元に届くのは今年の11月の予定ですが、ちょーうど忘れた頃に届いて狂喜乱舞しそうな予感。


    ZNAPS -The $9 Magnetic Adapter for your mobile devices
    https://www.kickstarter.com/projects/1041610927/znaps-the-9-magnetic-adapter-for-your-mobile-devic

    【磁石でくっつくモバイル端末用充電アダプターが登場 Lightning・microUSBポート対応 価格は一組9ドルから】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/22(水) 20:05:22.03 ID:???.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/22/news153.html
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1507/22/yx_dmm_01.jpg
    社会とのつながりを断って、思う存分ひきこもってみませんか?――7月30日~8月5日の1週間、
    誰にも会わずにひきこもり、DMM.comのコンテンツを楽しんでくれる人を、DMM.comが募集している。1人限定で、応募は27日まで。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1507/22/yx_dmm_02.jpg

    対象者には机と椅子、ベッド、DMM.comだけが見られるPCを備えた、
    家賃無料のシンプルな部屋を都内に用意。DMM.comのコンテンツはゲームの課金もなく無制限で遊べる。

     「おいしい食事」が3食付いており、「寿司やステーキ、おにぎりやキュウリなど豪華」な内容。
    時折お母さん風の手紙が食事に添えられるという。外出は禁止で、「誰にも会わずに究極のひきこもり生活を送ることができる」という。

     健康な18歳~60歳の人が対象。27日まで応募を募り、29日に挑戦者を紹介。8月7日に体験リポートを公開する。
    「すぐにでもひきこもりたい! という方は是非ご応募ください!」。



    【外出禁止! DMMが「究極のひきこもり生活」体験者を募集 おいしい食事とDMM.comだけが見られるPC付き】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/22(水) 11:10:59.86 ID:???.net

    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NRUUJS6JTSE901.html

     (ブルームバーグ):米アップル の4-6月(第3四半期)の「iPhone(アイフォーン)」
    販売実績と7-9月(第4四半期)売上高見通しはアナリスト予想を下回った。
    アイフォーン需要がピークに達したか疑問が持たれる内容となった。株価は決算発表後の時間外取引で一時8.8%下落した。
    21日の発表文によると、アイフォーンの4-6月期販売台数は35%増加し4750万台。
    アナリスト予想は4880万台だった。7-9月期売上高は490億-510億ドル(約6兆700億-6兆3200億円)となる見通し。
    れば、年後半の販売拡大は難しくなるとの懸念が高まりかねない。新機種は年内発売の見通し。
    みずほセキュリティーズUSAのアナリスト、アベイ・ランバ氏は「実に厳しい比較になる」と予想。
    昨年は多くの人が画面の大きなアイフォーンに飛びついたが、次期アイフォーンの技術革新は昨年ほど大規模にはならないだろうと指摘した。
    アップル株は一時8.8%下落。通常取引終値は前日比1%安の130.75ドル。

    4-6月期の純利益は107億ドル(1株当たり1.85ドル)で、売上高は33%増の496億ドルだった。
    アナリスト予想平均では、1株利益は1.81ドル、売上高は494億ドルだった。粗利益率は39.7%となり、同社の予想(38.5-39.5%)を上回った。
    中国の景気鈍化にもかかわらず、大中華圏の売上高は132億ドルと、前年同期の2倍余りに拡大した。

    アップルウオッチ
    アップルは4月に発売した腕時計型端末「アップルウオッチ」の販売台数を公表せず、
    ヘッドフォン「ビーツ」や「iPod(アイポッド)」などの製品とともに「その他」の項目に分類した。
    このカテゴリーの売上高は49%増加し26億4000万ドルだった。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均では、
    アップルウオッチの販売は340万台、販売価格499ドルだった。
    ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)はインタビューで、「アイフォーンやiPad(アイパッド)の発売時を振り返ると、
    アップルウオッチの売れ行きは当時のアイフォーンやアイパッドを上回っている」と指摘。「出だしは極めて良好であり、
    特に喜ばしいのは顧客の反応やフィードバックだ」と述べた。
    一方、アイパッドの販売は不振が続き、4-6月期は18%減の1090万台。アナリスト予想平均に届いたものの6四半期連続の減少となった。
    パソコン(PC)の「マック」の販売台数は8.7%増の480万台で、予想と一致した。



    【Apple、iPhone販売と売上高見通し、市場予想下回る Appleウオッチの販売台数公表せず】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/21(火) 12:22:57.55 ID:???.net

    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/newgtld/20150717_712321.html

    株式会社インターリンクは、ドメイン名登録サービス「ゴンベエドメイン」において、
    日本時間の17日23時より、新ドメイン「.love」の一般登録の受付を開始すると発表した。登録料は年額4860円(税込)。

     「.love」は、Merchant Law Group LLPがレジストリとして管理する新gTLD(generic Top Level Domain:汎用トップレベルドメイン)
    で、「愛、恋愛」を表す。「愛する音楽、映画、文学、アートなどをインターネット上で共有したい方、愛し合うカップルの方々にもおすすめのドメイン」だという。

     「好き」という感情を表す新gTLDとしては、インターリンクがレジストリとして新設・管理する
    「.moe」(より正確には「好きで好きでたまらない」の意味とのこと)がすでにあるが、同社によれば「.love」は、
    「『.moe』もよりもリア充向けな“愛の告白専用”新ドメイン」だという。

     例えば、「<好きな人またはグループの名前>.love」を取得し、そのドメイン名を用いた自分の名前のメールアドレスを運用するなど
    「やや昭和な感じも否めませんが、愛をアピールするにはピッタリなドメイン」だと説明している。
     なお、「.love」の取得条件はなく、法人・個人を問わず申請可能。リア充でなくとも、また、愛の告白目的に限らず取得・利用できる。

     新gTLDとは、以前は「.com」など22種類に限られていたgTLDの種類を大幅に拡大するもの。
    一般的な単語や地名のgTLDを新設してドメイン名登録サービスを通じて広く提供したり、
    企業が社名やブランド名、サービス名などをgTLDとして新設して自社サイト/サービスのために運用することが可能になった。
    約1300種類もの新gTLDが登場する見込みとなっており、そのうち約700種類がすでにインターネットのルートゾーンに追加済みだ。

     「Love」の次は「Sex」と連想される方もいらっしゃるかもしれないが、実は「.sex」という新gTLDもその中にある。
    4月にルートゾーンに追加されており、今年9月に提供開始の見込みだ。



    【新ドメイン「.love」登録受付開始、リア充向けな“愛の告白専用”新ドメイン】の続きを読む

    このページのトップヘ