2015年06月

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2015/05/30(土) 00:38:23.30 0.net
    何か遅いと思ったら3日3G規制始まってるらしいやん…

    【WiMAX使ってるやつ集まれ】の続きを読む

    1 名前:Hi everyone! ★[sagete] 投稿日:2015/05/28(木) 17:11:25.16 ID:???.net
    【新華網】中国通信機器メーカー華為(ファーウェイ)は25日に、中東市場向けスマートフォン最新フラッグシップモデルP8を発表した。

     アラブ首長国連邦のドバイのアトランティスで発表会が行われた。華為終端公司の中東地域総裁は「華為のPシリーズの携帯電話は
    ずっと売れ行きが良く、P8が2015年に中東地域の最も人気あるハイエンドスマートフォンになることに自信がある」と述べた。

     世界最先端の情報通信サプライヤーとして華為は10年来、中東諸国の通信事業者と密接な協力を展開しており、最近は特に
    端末製品市場で著しい進展を収めた。2013年に華為のスマートフォン出荷台数は世界市場の3位に浮上しており、Mate7、栄耀6と
    いった機種もアラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプトなど中東諸国で好調な業績を達成し、市場シェアは拡大しつつある。

    ソース(新華社) http://www.xinhuaxia.jp/social/70404

    【華為(ファーウェイ)、中東市場向けスマートフォン「P8」を発表】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/28(木) 12:11:21.22 ID:???.net
    http://biz-journal.jp/2015/05/post_10119.html

     最近の携帯電話関連の話題といえば、従来型携帯電話(ガラケー)生産終了やSIMロック解除、
    そして格安スマートフォン(スマホ)だろう。この3つに関連して、今回は「ガラケー+格安スマホ」という“最強の2台持ち”について解説したい。
     去年登場した大手キャリア(携帯電話会社)3社の掛け放題プランの料金は、いずれも月2700円となっている。
    ただしこれはスマホの場合で、ガラケーは月2200円と500円安い。旧料金プランの基本料金934円と比較すると1266円高いが、
    基本料に通話料が含まれているので、多くの人にとってはこちらのほうが割安だ。

    旧料金プランの通話料 20円/30秒で計算すると、約30分の通話で元が取れる。
    1266円払えばいくら電話しても大丈夫という安心感も得られるので、ガラケーの掛け放題プランはお勧めできる。

     ただしガラケーでは、インターネットの利用が十分ではない。そこで、2台目にスマホを持つ。
    この2台目のスマホには格安SIMを挿すが、SIMロック解除の義務化もあるので端末の確保もしやすくなる。
     格安SIMは、最も安いものでワイヤレスゲートの月445円(250kbps)からある。ガラケーと組み合わせると、
    2台持ちにもかかわらず、月2645円で通話もデータ通信もし放題になる。もし、三大キャリアでスマホを契約すると、
    基本料2700円、ISP接続料300円、データ通信料(5GB)5000円の合計月8000円が一般的だから、
    3分の1以下になる。既存キャリアの掛け放題と、格安SIMの安価なデータ通信料の良いところ取り、これが「ガラケー+格安スマホ」の強さだ。
     メールとLINEだけであればワイヤレスゲートのSIMでも十分だが、
    現実的にはネット検索や地図アプリなどを使うため、もう少し速度が速い格安SIMを選びたい。
     OCNの格安SIM「5GB/月コース」の場合、最大通信速度150Mbpsで月1450円。
    掛け放題のガラケーと合わせて3650円だ。これでも、一般的な料金8000円と比較して半額以下になる。

    メリットとデメリット
     2台持ちには料金面以外にもメリットがある。通話しながらメールを見るなど、同時利用ができるし、
    通話時の電池の持ちも非常によい。特にビジネスという局面では、これらの強みが発揮される。
    一方でデメリットもある。常に2台持ち歩かなければいけないのは、人によっては手間かもしれない。
    また、キャリアメールは利用ができなくなる。もっとも、筆者はキャリアメールは不要だと考えていて、
    10年以上前に切り捨てたが、ほとんど不便を感じることはなかった。むしろ、Gmailの機能により
    スパムメールという問題から解放されている。もちろんケースバイケースだが、キャリアメールからGmail等への移行をお勧めしたい。
     ガラケーとスマホという二刀流は、主にビジネスパーソンにとって機能的な利用方法となる場合が多い。
    選択肢のひとつとして検討する価値があるだろう。
    (文=新田ヒカル/スマホ評論家、マネー評論家)

    【ケータイ月額料金が3分の1に!最強は「ガラケー+格安スマホ」の2台持ち、メリット大】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/25(月) 12:42:21.88 ID:???.net
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150523_703315.html

    最近、ニュースでよく聞くようになった言葉と言えば、なんといっても「ドローン」であろう。
    ドローンを悪用した事件が世間を賑わしており、ドローン規制法案に関する議論も盛んだが、
    今後の世の中を大きく変える可能性を秘めたドローンは、大きな注目を集めている。
    そうした中、5月20日~22日、幕張メッセで日本初の国際ドローン展が開催された。その様子をレポートしたい。

    最大30kgのペイロードを搭載可能な大型ドローンを展示していたプロドローン


    国際ドローン展のブースの中でも、屈指の規模を誇っていたのが、日本の産業用ドローンメーカーであるプロドローンだ。
     プロドローンのブースでは、さまざまなドローンが展示されていたが、その中でも最も大きな機体が、
    6ローターの「PD6-B」である。PD6-Bは、モーター軸間距離1,430mm、全高830mmという大型ドローンで、
    機体重量は12kgだが、最大30kgものペイロードを搭載して飛行できる。
     PD6-Bは、キヤノンから2015年9月に発売予定の新製品「EOS C300 Mark II」のプロモーションビデオを撮影するために
    開発された機体であり、飛行可能高度は最大5,000m、最高速度時速40kmという高い性能を誇る。価格は500万円程度とのことだ。

     対して「PD6」は、6ローターの機体で、機体重量は3kg、最大ペイロード6kgである。PD6の基本価格は160万円だが、
    空撮仕様やサーモカメラ仕様、ウィンチ仕様など、さまざまなバリエーションが存在する。
     「PD4」は、4ローターの機体で、機体重量2.3kg、最大ペイロード3kgで、基本価格は140万円となる。
    こちらも測量仕様や有線給電仕様などのバリエーションが用意されている。
     また、小型ドローン搭載三輪バイク映像配信システム「PD-C01」も参考出品されていた。
    これは、三輪バイクと小型ドローンの機動性を最大限に活用した緊急時中継システムであり、
    三輪バイクの後部に小型ドローンが格納されており、ベースドームを開くことで、すぐに離陸して空撮できる。
     後部には、映像・音声中継スイッチャーや映像伝送エンコーダーが搭載されており、
    車体から取り出してショルダーバッグに収納すれば、ポータブル中継機となり、ワンマンオペレートのリアルタイム配信を実現するというものだ


     自律制御システム研究所のブースでは、ミニサーベイヤーの各機体が展示されていた。ミニサーベイヤーとは、
    千葉大学野波研究室で開発された自律制御技術を利用した、「完全自律型マルチロータ式電動ヘリコプタ」であり、
    その商品化のためにミニサーベイヤーコンソーシアムが設立され、その中心となっている会社が自律制御システム研究所である。
     ミニサーベイヤーの量産型機体である「MS-06LA」は、標準構成なら納期はたった1週間であり、価格は250万円とのことだ。
    機体総重量は3kgで、最大ペイロードは6kg(推奨は3kg)である。
    また、10kgのペイロードを誇る大型機体「GE01」やレーザースキャナを搭載した「GE03」、
    農薬散布型の「MS-06LL」、大型有線給電型の「MS-06EX」、Oculus Riftを利用した「MiniSurveyorシミュレータ」なども展示されていた。
    さらに、原発調査用ドローンおよびバッテリ自動交換機や研究開発中の高速遠距離飛行型試作機体も展示されていた。

    【最大30kgペイロード搭載可能な機体に、自動で侵入者のもとに飛行し尾行撮影するドローンも-第1回国際ドローン展】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/25(月) 12:01:40.39 ID:???.net
    http://nge.jp/2015/05/24/post-105260



    街にでると自転車で颯爽と道路を走る人をよくみかけるようになった。この季節、新緑からの木漏れ日と、
    爽やかな風を感じながら走るのは本当に気持ちがよさそうだ。
    そんなライダーの姿をみて自転車に乗りたいと思う方も多いのではないだろうか。今日紹介するのは、
    自転車の形をしながら鎖がない不思議な自転車を紹介したいと思う。

    再充電が可能な電動自転車
    『The Self Charging Electric Bike.』は再充電が可能な折りたたみ式の電動自転車だ。
    よくみると分かるように、この自転車には鎖がない。ペダルを踏むことによって後輪部にあるバッテリーが充電され、
    後輪が走行する仕組みになっている。充電池はリチウムイオンバッテリー。

    下記動画を見ていただければ分かるように、電動で動くのでペダルをこぎ続けなくともスイスイ進むことができる。
    https://youtu.be/vXntgElT_K0

    ハンドル部に備え付けられたコンピューターにより速さを調整できる。速度は16MPH(時速約14.2キロメートル)まで
    調整が可能となっている。自転車の速度と地面の傾斜を検知し、上り坂や下り坂になるとギアを自動的に
    切り替えてなめらかな走行ができるよう電気的に制御される。
    タイヤの大きさは20インチ。小さすぎない大きさなので、普段乗るときでも快適な走行が可能になるだろう。
    なお本体は折りたたみで運搬しやすいようにアルミニウムが採用されてはいるが、バッテリーなどが重いため、
    本体重量は21キログラム程度となっている。旅行する際に車のトランクに入れて持って行きたいところである。専用の運搬用のカバンも付いている。
    ブレーキは制動性の良いディスクブレーキを採用。初心者でも安心してストップすることができるだろう。


    1回の充電で最大28マイル(約45キロメートル)走行することができる。充電時間は5時間半でフル充電となる。
    近所の散歩程度に使うのであれば1週間に1回か2回充電しておけばよさそうだ。
    カラーバリエーションはブラック、ダークブルー、ライトブルー、ホワイトの4色の中から選ぶことができる。
    値段は3,800ドル。電動アシスト自転車以上、原動機付き自転車未満といったところのこの車両は、
    日本の法ではどういった区分になるか微妙なところだが、安全を鑑みるとヘルメットの着用は必須だろう。
    排ガスなどが発生しないので環境にも良いと思われる。日本の公道で走る姿を見てみたいものだ。

    【時速25km出せる 「チェーンレス」の充電式電気自転車】の続きを読む

    このページのトップヘ