2015年02月

    1 名前:ゆでたてのたまご ★[sageteoff] 投稿日:2015/02/10(火) 16:24:34.14 ID:???.net
    ソフトバンク、IBMと人工知能「Watson」を日本展開へ--ロボットへの応用も
    【CNET Japan】 2015/02/10 14:48

    ソフトバンクテレコムと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は2月10日、人工知能「IBM Watson」(Watson)の開発と
    日本市場への導入について戦略的提携をしたことを発表した。

    両社は、Watsonが日本語を理解できるようにトレーニングし、将来的にはスマートデバイスやロボットなどへの
    搭載も視野に入れる。また、教育や銀行、小売や医療などの領域に、コグニティブ・コンピューティング能力を
    クラウドで提供するとしている。

    WatsonはIBMが開発を進める質問応答システム。大規模なデータを分析し、自然言語で投げかけられた複雑な
    質問を解釈して、根拠に基づいた回答を提案する。またクラウドによって継続的に学習する。今回の
    日本展開によって、Watsonはアルファベット以外の文字を持つ言語に初めて対応するという。

    ただし、日本語は漢字やひらがな、カタカナとその組み合わせを理解しなければならない。また、話し手の
    関係や年齢、性別などの文脈によって異なる言葉の使い方を学ぶ必要があるため、日本語対応のために教育と
    トレーニングを協力して実施していくという。

    そして、ビジネスパートナーや開発者が新たなWatsonのアプリを開発するためのAPIと環境を提供する。
    さらに、国内でコグニティブ・コンピューティングの導入を検討するビジネスパートナーや開発者、起業家、
    投資家、研究者と、エコシステムを構築するとしている。なお、Watsonは国内にあるソフトバンクテレコムの
    データセンターで運用される。

    ソース: http://japan.cnet.com/news/business/35060218/
    画像:
     (「IBM Watson」)

    関連ソース:
    日本語版Watsonをソフトバンクテレコムと共同展開、米IBMに聞く提携理由 | 日経BP
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/021000482/

    関連スレッド:
    【IT】米IBM、人工知能「ワトソン(Watson)」を活用した分析サービスを発表 [14/09/17]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1410924937/
    【人工知能】60年続けてきた半導体製造を手放すIBM、「Watson」に社運を賭ける 2014/11/04
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1415101724/

    【ソフトバンクテレコム、米IBMと人工知能「Watson」を日本展開へ...ロボットへの応用も】の続きを読む

    1 名前:夜更かしフクロウ ★[ageteoff] 投稿日:2015/02/10(火) 23:09:45.61 ID:???.net
    http://www.sankei.com/west/news/150209/wst1502090066-n1.html

     船井電機は9日、米写真用品大手、イーストマン・コダックが持つ
    「コダック」ブランドを付けたプリンターの製造、販売を始めると発表した。
    今年4月以降にコダックの認知度が高い北米市場から順次発売する。
    コダックはプリンター事業から2012年に撤退しており、同社ブランドのプリンターの復活は3年ぶりとなる。

     船井は同社が製造したインクジェトプリンターに「コダック」ブランドを使えるライセンス契約をコダックと結んだ。
    1880年創業のコダックは写真用フィルム世界最大手だったが、
    デジカメの普及で2012年に経営破綻し、事業規模を縮小しながら再建。
    同年にプリンター事業からも撤退した。

     船井は機能を絞った消費者向け低価格モデルを販売して、初年度で70億円の売上高を目指す。

     市場はキヤノンなど大手4社がほぼ独占状態だが、船井は低価格を武器に北米でシェア10%を目指す。
    プリンター本体だけでなく、インクなど消耗品も販売する。
    日本や欧州などでの展開も計画している。

     大阪市内で会見した鎮西清司執行役員は
    「船井は製造拠点とテレビで培った販路があり、唯一欠けていたのがブランド力だ。コダックとの契約の重要性は高い」
    と強調した。

    【船井電機「コダック」ブランドでプリンター販売 北米市場攻略目指す】の続きを読む

    1 名前:北村ゆきひろ ★[ageteoff] 投稿日:2015/02/10(火) 21:46:08.98 ID:???.net
    レノボ・ジャパンは、2月10日に着脱式2in1 PC「ThinkPad Helix」の新モデルを発表した。
    出荷開始は2月11日からで、価格は税込みで14万4720円から。従来モデルからボディを薄く軽量にして、
    CPUにはCore M vProシリーズを採用する。また、キーボードユニットでは、バッテリーを内蔵してTrackPointを搭載する
    「ウルトラブック プロ キーボード」と、軽量の「ウルトラブック キーボード」を選択できる。

     ディスプレイサイズは11.6型で解像度は1920×1080ピクセルに対応する。液晶駆動はIPS方式で表面を
    Corilla Glassで保護する。タブレット本体のボディは、従来モデルが厚さ11.6ミリのところ、9.6ミリと薄くなり、
    重さも従来モデルが本体だけで835グラム、キーボード接続時で1.66キロのところ、新モデルは本体795グラム、
    ウルトラブック キーボード接続時で1.4キロ、ウルトラブック プロ キーボード接続時で1.7キロとなった。

     サイズは、本体のみで301.1(幅)×192.5(奥行き)×9.6(厚さ)ミリ、ウルトラブック キーボード接続時で
    301.1(幅)×215.7(奥行き)×25.4(厚さ)ミリ、ウルトラブック プロ キーボード接続時で
    301.1(幅)×213.3(奥行き)×20.1(厚さ)ミリになる。

     CPUは、Core M vProシリーズを採用する。従来モデルのCPUからTDPを抑えたおかげで、本体内部の
    冷却用ファンをなくしたファンレス構造となり、ボディを薄くできた。なお、ウルトラ プロ キーボードでも、
    従来のモデルであった本体ファンの通風ために用意していたギミックを廃止している。
    OSは、Windows 8.1 Pro、または、Windows 8.1を導入する。

     システムメモリは、4Gバイト、または、8Gバイトを選択できる。データストレージも、容量128Gバイト、
    256GバイトのSerial ATA接続SSD(256GバイトSSDはセキュリティ規格OPALに対応)のほかに、
    容量512GバイトのPCI Express x4接続SSD搭載モデルも用意する。

     タブレット本体のインタフェースには、USB 3.0を用意した。ほかに、Micro HDMIとMicro SDスロットを備える。
    また、ウルトラブック キーボードにUSB 2.0を、ウルトラブック プロ キーボードには USB 3.0とMini DisplayPortをそれぞれ搭載する。
    従来モデルでは、キーボードを接続すると、本体側のUSBをふさいで使えなくなっていたが、新モデルでは
    本体側のUSBも利用できるレイアウトに変更している。ウルトラブック プロ キーボード接続時は、本体のディスプレイ、
    Micro HDMI、Mini DisplayPortの3画面同時表示が可能だ。

     バッテリー駆動時間は、本体のみで約16時間(JEITA 1.0)、または11時間(JEITA 2.0)。
    バッテリーを内蔵するウルトラブック プロ キーボード接続時では約19時間(JEITA 1.0)、または約14時間(JEITA 2.0)になる。

     オプションでは、専用のクイックショット・カバー、プロテクター、ノングレア保護フィルム、4方向プライバシーフィルター、
    ThinkPad Tabletドック、プレミアムケース、Micro HDMI-VGAアダプターなどを用意する。

     なお、本体にSIMロックフリーのSIMスロットを用意するモデルも法人向けに登場する。
    ただし、データ通信などの動作保証はしておらず、個人ユーザー向けの販売はしない。
    法人受注で要望があったときにのみ販売する予定だ。


    http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1502/10/news070.html

    【ファンレスになって薄くなって軽くなった─レノボ「ThinkPad Helix」】の続きを読む

    1 名前:北村ゆきひろ ★[ageteoff] 投稿日:2015/02/10(火) 21:50:07.61 ID:???.net
    ヘリコプターのような複数のプロペラを持つ小型無人飛行機「ドローン」が、成長分野として
    国内企業の注目を集め出した。先行する米国では、今年中に商業利用に向けた指針がまとまる見通しだが、
    日本政府も成長戦略の一環として規制緩和や法整備に向けた検討に入るとみられる。

    世界的に10兆円超の市場に成長すると見込まれるドローンをめぐり、国内企業の参入も加速し、
    本格的な「離陸」を迎えることになりそうだ。

    <ヤマハ発社長「化けるかも」>

    「ひょっとしたら化けるかもしれない」──。ヤマハ発動機(7272.T: 株価, ニュース, レポート)の柳弘之社長は
    ドローン事業の拡大に意欲的だ。同社は農林水産省から委託を受け、1987年に世界で初めて
    産業用無人ヘリを開発し、翌年から農業分野で本格的に販売を開始した先駆者。
    今では日本の水稲耕作地の約36%で、同社の無人ヘリが農薬を散布している。
    韓国や豪州にも投入し、国内外で約300機の年間販売実績がある。

    すでに国内では存在感のある同社が、これから狙うのは米国だ。同国ではドローンの商業利用が
    まだ禁止されているが、米国連邦航空局(FAA)は今年9月をめどに運航ルールの制定を目指している。
    柳社長は「米国市場が開放されれば、すごく(事業規模が)広がる」と期待する。

    昨年5月には戦闘機「F―14トムキャット」などで知られる米軍事大手ノースロップ・グラマンと提携した。
    ワイナリーなどでの農薬散布はもとより、国境での監視、石油精製施設の警備など事業の「アイデアはいろいろある」と述べ、
    米国での事業拡大に強く期待を寄せている。

    同国ではアマゾン・ドット・コムやグーグルなどがドローンを使った「空の宅配サービス」計画を掲げ、強敵ぞろいだ。

    だが、エンジンを自社開発しているヤマハ発は「ペイロード(積載重量)が大きい」(柳社長)のが強み。
    まずは実績のある農薬散布分野などに参入し、電動で動く軽量なドローンなどとのすみ分けも可能とみている。

    米調査会社ティール・グループの試算では、2014年に年間64億ドル(約7600億円)規模のドローンの世界市場は、
    向こう10年間で2倍近い115億ドル(約1.4兆円)まで拡大し、その次の10年間で約910億ドル
    (約11兆円)に成長する見込み。

    <人手不足解消、工事現場で活躍>

    日本国内でも多くの業界が、ドローンに商機を見い出している。
    建設業界では東日本大震災後の復興、老朽化したインフラ刷新など需要は旺盛なものの、人手不足の問題が
    深刻化している。工事現場での労働力不足を解消するため、建設機械大手のコマツは2月、ドローンを用いた新サービスを始めた。

    通常は2人以上で行う現場の測量作業を、新サービスではドローンに搭載したカメラで上空から撮影し、
    画像をコンピュータに送信。地形の3次元(3D)データを作成するなどして自動化する。
    数カ月はかかる作業が10─15分程度で済む。

    その後、ICT建機と呼ばれる自動化されたブルドーザーなどがデータに基づく作業計画に沿って穴を掘ったりするため、
    熟練作業員でなくても簡単に操作できるという。

    コマツは米サンフランシスコに拠点を置くベンチャー企業のスカイキャッチ製ドローンを今後数年間で約200機リースする計画だ。
    できるだけ早く新サービス関連売上高で100億円を目指し、ICT建機の導入数を現在の約350台から
    1―2年で1500台に増やす考え。

    続きはソースをご覧なされ
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LE08U20150210

    【運輸】夢の空飛ぶ宅配便、実現へ一歩 ドローンが島に荷物運ぶ 2015/01/19(c)2ch.net
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1421671852/

    【国内のドローンビジネス「離陸」へ、政府も法整備に本腰】の続きを読む

    1 名前:北村ゆきひろ ★[ageteoff] 投稿日:2015/02/10(火) 22:05:23.84 ID:???.net
    ニコンは、天体撮影専用デジタル一眼レフカメラ「D810A」を5月下旬に発売する。
    価格はオープンプライス。店頭予想価格は税込42万円前後の見込み。

    撮像素子前面の光学フィルター特性を変更し、天体撮影用とした特殊モデル。より赤外域に近い
    Hα線(波長656.28nm)まで高い透過率を維持するように赤外カットフィルターの特性を変えることで、
    一般的なカメラでは淡くしか写せない星雲を鮮やかに写せる。

    D810比で約4倍のHα線透過率を持つため、赤外域に近い波長の反射率が高い一般被写体を撮影した場合は、
    実際より赤みがかって適切な色再現にならない。そのため、一般被写体の撮影には推奨しないとしている。

    光学フィルターを除く撮像素子スペックは、D810と同様。光学ローパスフィルターレス仕様の有効約3,635万画素の
    35mm判フルサイズ相当CMOSセンサーを採用する。画像処理エンジンはEXPEED 4。14ビットRAW記録に対応する。

    D810Aの感度はISO200-12800(拡張でISO100~51200相当まで設定可能)。ベースモデルのD810は
    ISO64-12800(拡張でISO32~ISO51200相当まで)の範囲で設定できる。

    長時間露光マニュアルモード(後述)の有無と最低感度を除いた基本仕様は、D810を踏襲する。







    http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150210_687610.html?ref=hl_rss

    【ニコン、天体撮影専用のデジタル一眼レフ「D810A」】の続きを読む

    このページのトップヘ