2015年01月

    1 名前:夜更かしフクロウ ★[ageteoff] 投稿日:2015/01/27(火) 20:48:04.95 ID:???.net
    http://www.sankei.com/economy/news/150127/ecn1501270026-n1.html

     富士通は27日、主力データセンターの館林システムセンター(群馬県館林市)と
    明石システムセンター(兵庫県明石市)に新棟を建設すると発表した。
    投資額は約525億円。館林に約460億円、明石に約65億円を投じる。
    館林は2016年4月、明石は16年7月からの稼働になる。

     今回の新棟建設は、モノとインターネットをつなぐIoTやクラウドビジネスを加速させるのが狙い。
    新棟は、ネットワーク設計や変更・増設が柔軟に行えるSDNなどの最新技術が実装されている。

     データセンターを取り巻く環境は、東日本大震災を契機とした事業継続対策のニーズが依然高く、
    クラウドサービスの活用も広がっており、需要が高い。
    富士通は、企業や官公庁などに堅牢(けんろう)性に加え、柔軟性のあるシステム運用ができる点を訴求し、
    DCの販売を拡大する。

    【富士通 館林と明石のデータセンターを増強 500億円超を投じて新棟建設】の続きを読む

    1 名前:夜更かしフクロウ ★[ageteoff] 投稿日:2015/01/27(火) 21:17:21.61 ID:???.net
    http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1501/27/news139.html

     DMM.comは1月27日、世界初のロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」を発表した。
    ロボットメーカーに代わってロボットの販売やプロモーションを手がけるほか
    、クラウドサービスを提供してロボット向けのコンテンツ流通を促進する。
    第1弾として5月から富士ソフトやユカイ工学など5社のロボットを発売する計画だ。

     オンラインのコンテンツサービスで知られるDMM.comだが、
    近年は3Dプリンター事業をはじめ、東京・秋葉原に共創空間をうたう「DMM.make AKIBA」を設営するなど、
    “モノ作り”をサポートする事業展開も進めている。
    今回のロボットキャリア事業も「DMM.make AKIBA」のある富士ソフトビルで
    同社のロボット「Palmi」(パルミー)を見せてもらったことがきっかけだという。

    「国内ロボット産業の課題は、事業化意識の欠如だ。昔は良いものを作れば売れる時代だったが、
     顧客ニーズに沿った商品作りに移行する必要がある。
     また、産業技術のガラパゴス化で商品の汎用化が進まず、結果として国際競争力を高めることができていない。
     これらの課題を踏まえ、ロボットキャリア事業へ参入する」(DMM.comのロボット事業部長を務める岡本康広氏)。

     最初に提供するのは、携帯電話キャリアのような販売プラットフォームだ。
    製品のプロモーションとネット販売、一次サポートなどを代行し、ベンダーは製造責任を負いつつ開発に注力できるようにする。
    もう1つの「DMM Robotics Cloud」は、クラウドでロボットのアップデートやコンテンツ提供に用いるほか、
    将来的にはビッグデータの収集などにも役立てる方針だ。
    「クラウドでロボットを進化させる仕組みを提供する。
     そしてDMMの持つ会員や課金プラットフォーム、配送など既存のリソースを活かすこともできる」(同氏)。

     当面の目標はロボット販売プラットフォームの認知拡大。
    テレビCMを含めて積極的な展開を図る。
    当初の参画したメーカー5社に加え、今後も広くパートナーを募り、「日本屈指のロボットアソシエーション」に育てるという。
    また将来的には産業用ロボット技術の一般販売化、海外製ロボットのローカライズと輸入/国内販売、
    日本製ロボットの海外展開などグローバルな事業も視野に入れている。

     岡本氏は、済産業省・NEDOの国内サービスロボット市場規模予測を紹介し、
    「今後はサービス分野、とくにコンシューマー向けのコミュニケーションロボットが拡大していくだろう」と予測。
    初のロボットキャリア事業で2015年に30億円、2017年に100億円の売上を目指すとしている。

     当初、同社が扱うロボットは5機種。下記のうち「プリメイドAI」を除く4機種は5月1日に発売する予定だ。

    (以下、名称と画像のみ紹介)

    ■富士ソフト「Palmi」(パルミー)


    ■ユカイ工学「BOCCO」(ボッコ)


    ■プレンプロジェクト「PLEN.D」(プレン.ディー)


    ■ロボットゆうえんち/京商「プリメイドAI(プリメイド・アイ)


    ■デアゴスティーニ・ジャパン「Robi 組み立て代行バージョン」(特別タイアップ)



    図:ロボットキャリア事業の概要

    グラフ:市場予測と最近のトピックス

    【DMM.com、世界初のロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」を開始】の続きを読む

    1 名前:北村ゆきひろ ★[ageteoff] 投稿日:2015/01/26(月) 23:37:35.83 ID:???.net
    帝国データバンクによると、小型液晶テレビなどを販売していた家電輸入販売のREAL LIFE JAPAN(仙台市)が
    1月26日に事業を停止し、自己破産の準備に入った。負債は30億8200万円。

     2003年創業で、中国や韓国に製造を委託した小型液晶テレビやDVDプレーヤーなどを、「AIVN」などのブランドや
    OEMで家電量販店やホームセンターなどで販売。九州に物流センターを設けるなど事業を拡大、2014年2月期の
    年間売上高は約97億5900万円だった。

     だが家電の低価格化で収益は厳しく、昨年4月に発生した不良品で大量の返品が発生したほか、円安の急激な
    進行による為替差損で赤字が膨らみ、資金繰りが厳しかったという。

    昨年末には仕入れ先への支払いが遅延したことで家電の仕入れがストップ、先行きの見通しが立たなくなり、事業継続を断念した。


    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/26/news141.html

    【家電の「REAL LIFE JAPAN」が円安倒産】の続きを読む

    1 名前:夜更かしフクロウ ★[ageteoff] 投稿日:2015/01/25(日) 21:02:47.81 ID:???.net
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150123_685153.html

     Googleは、'12年以前に製造されたテレビなどの一部端末におけるYouTubeアプリのサポートを、
    4月20日をもって終了することを決定。
    これを受けて、ソニーは23日にBRAVIAやウォークマンなど
    ビデオ/オーディオ機器の一部機種でのYouTube動画対応を終了すると発表した。
    米国時間の4月21日以降は、対象機種でYouTubeコンテンツが視聴できなくなるという。

     ソニー製品の対象機種は下記の通り。
    なお、一部の機種では、「New YouTube for TV」アプリを使用することで引き続きYouTubeを視聴できる。
    また、Googleでは「スマートテレビにウェブブラウザが搭載されている場合は、
    ブラウザでyoutube.comにアクセスすることにより引き続きYouTubeを利用できる」としているが、
    BRAVIAでは利用できない。


    以下、【対象シリーズ/機種】につきましては、ソース記事をご参照ください

    【2012年以前のテレビなどでYouTubeアプリ対応が4月20日終了。ソニーのTVやウォークマンも】の続きを読む

    1 名前:TwilightSparkle ★[] 投稿日:2015/01/23(金) 20:20:55.96 ID:???.net
    毎日新聞 2015年01月23日 20時11分

     ◇ロボット新戦略の骨子
     ・5年間でロボット事業に1000億円規模の官民投資
     ・2020年に市場規模を現在の約4倍の2.4兆円に拡大
     ・産学官の「ロボット革命イニシアティブ協議会」を設置
     ・福島県内にロボット開発のための実証・実験区域を設置
     ・20年にロボットオリンピック(仮称)を開催
     ・ロボットの活用を前提とした規制緩和やルール整備を推進

     政府は23日、ロボットの開発や活用を加速する「ロボット革命」を実現するための新戦略を発表した。
    2020年までの5年間で官民が1000億円規模の投資を実施し、ロボット関連の市場を現在の約4倍の2.4兆円に拡大することを目指す。

     同日開いた政府の「ロボット革命実現会議」で戦略をまとめた。日本を世界のロボット技術革新の拠点とすることや、
    活用・普及を促進することが柱で、ものづくりや介護・医療など5分野で戦略目標を設定した。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20150124k0000m020083000c.html

    【ロボット革命:政府実現会議 2.4兆円市場目指す】の続きを読む

    このページのトップヘ