2013年08月

    1 名前:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★[] 投稿日:2013/08/25(日) 02:00:27.30 ID:???
    ■コンビニでは雑誌が売れなくなりつつある

     コンビニでは欠かせない商材の一つ、雑誌。コンビニで少年・少女、青年向け定期発刊誌
    を購入した経験がある人は多いはず。また、コンビニに足を運ぶ際、外から立ち読み客が
    見えることで、ある種の安心感を覚える人もいるだろう。コンビニ側にとって雑誌は、
    来客動機の高い商材としてだけでなく、店舗に繁盛している状況を演出させる効果も持つ、
    重要な存在だった。

     しかしコンビニでは雑誌が売れなくなりつつある。雑誌全体の不調も一因だが、それ以上
    の下落スピードでコンビニでのセールスは落ち込んでいる。

    http://rpr.c.yimg.jp/im_siggKcZFLjAtzQif83QJJi15IQ---x483-n1/amd/20130822-00027183-roupeiro-001-7-view.gif

     原因は複数考えられる。思い当たるものを列挙すると、

     ・雑誌そのものの娯楽における立ち位置の低下

     ・外出時における暇つぶしの対象の立場をモバイル端末に奪われた

     ・コンビニで販売される機会が多い雑誌(専門誌)の不調

     ・コンビニでしか買えない雑誌の類の減少

     ・コンビニで販売されるタイプの雑誌における、付加価値や情報そのものの陳腐化

     ・成人向け雑誌の販売スペース縮小、取扱の中止

     ・インターネット通販の普及に伴う、コンビニでの雑誌購入の必然性の低下

     などが挙げられる。雑誌そのもののコンビニでの販売はコンビニの生誕と同時に始まった
    ものであるが、時代の流れについていけなくなった感はある。

    ソース
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/fuwaraizo/20130822-00027183/

    (つづく)

    【客引きの役目を終えつつあるコンビニの雑誌たち】の続きを読む

    1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 22:25:51.83 ID:???

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/26/news084.html

    【ハゲがVistaを糞OSだと認めるwww 7年間も客を騙していたwww】の続きを読む

    1 名前:やるっきゃ騎士φ ★[sage] 投稿日:2013/08/26(月) 12:46:21.20 ID:???
    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130826/bsj1308261001007-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130826/bsj1308261001007-n2.htm

    米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」の
    後継機種が9月にも発表される見通しとなり、日本市場でもNTTドコモとアップルとの
    交渉の行方が気になるところ。
    機種絞り込みでアイフォーン販売へ地ならしは整ったとするNTTドコモの坪内和人副社長は
    「いつ出すかが問題」と語った。

    --スマートフォン(高機能携帯電話)の重点端末を2機種に絞り込む「ツートップ」は
    成功といえるのか
    「想定通りの部分と足りなかった部分の両方だ。
    従来型端末からの乗り換えを狙った(ソニーの)『エクスペリア』は成功した。
    ハイスペックな(韓国サムスン電子の)『ギャラクシー』は番号持ち運び制度(MNP)の
    改善を目指したが、これは思うようにいかなかった」

    --ドコモが国産メーカーに引導を渡したといわれている
    「メーカーを選別したわけではなく、あくまで端末だ。従来は端末ラインアップの多さを
    売りにしてきたが、そうではなくなった。顧客が求める端末を売り、ジャイアントを作るしか
    なくなった。当社はこれまで端末メーカー支援策を続けてきた」

    --冬モデルは「スリートップ」になりそうだ
    「スペックが最高というだけではだめ。機能的な売りを組み合わせてMNPも改善したい。
    キーワードの一つは電池の持ち時間だ。
    シャープの(低消費電力液晶ディスプレー)『IGZO』はいい。
    ソニーは高機能カメラが売りになる。
    ただ、端末の機能が同じ水準になると、次はネットワークの勝負になる。高速データ通信
    『LTE』の速さとつながりやすさだ」

    --米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」の販売交渉が続いていたが、
    新機種が9月10日に発表されそうだ
    「状況は変わっていない。(10日にアイフォーン発売を発表するのは)難しい。
    ただ、アップルにとって国内最大の携帯電話事業者に扱わせないのは経済合理性がないし、
    ドコモにとっても顧客が求める端末を売らないわけにはいかない。条件の問題だ」

    --ツートップ戦略による機種の絞り込みはアイフォーン販売の地ならしだった
    「(アイフォーンを扱っても、アイフォーンに)対抗できる端末は必要だが、ドコモ側の
    態勢は整った。いつ出すかが問題だ」

    【プロフィル】坪内和人
    つぼうち・かずと 東大法卒。
    1976年日本電信電話公社(現NTT)入社、2006年NTTドコモ取締役執行役員
    財務部長、08年取締役常務執行役員などを経て、12年6月から現職。61歳。静岡県出身。

    -以上です-
    NTTドコモ http://www.nttdocomo.co.jp/
    株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=9437

    【iPhone販売「態勢は整った。いつ出すかが問題」 NTTドコモ副社長】の続きを読む

    1 名前:マロン名無しさん[] 投稿日:2013/08/26(月) 23:58:01.08 ID:YNGW0915
    水と二酸化炭素と香料しか入っていない安心感

    【炭酸水うますぎワロッタwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1 名前:やるっきゃ騎士φ ★[sage] 投稿日:2013/08/26(月) 11:43:38.36 ID:???
    今では国内新車販売の4割弱を占める日本の「ガラ軽」。
    車両価格や維持費の安さに加えて最近では燃費もJC08モードで30km/Lを超えるなど
    各種改良が進み、「軽でいい」から「軽がイイ !」の時代へと大きくシフト。

    「軽自動車税」は5ナンバー乗用車の場合、7200円と割安で、
    登録車の自動車税29,500円(1.0L以下)~に比べてかなり格差が大きい状況。

    新車購入時の「自動車取得税」は登録車の5%に対して3%と優遇されており、
    「自動車重量税」も割安、印鑑証明や車庫証明不要。(保管場所届出義務などの
    適用地域を除く) 高速道路(NEXCO)の通行料が登録車比で2割安の特典も。

    近年では技術の進化により、車両性能や安全面もかつてのように登録車と大きな差が
    無くなって来ていることから、米国との2国間TPP平行交渉で軽自動車の優遇税制が
    「非関税障壁」として指摘されています。

    そうした中、日経新聞によると2015年に消費税が10%に上がる際に廃止予定の
    「自動車取得税」の代替財源として総務省が「軽自動車税」の大幅増税を検討している
    模様。

    ちなみに「自動車税」や「自動車取得税」などの地方税は総務省の管轄。

    全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は諸外国と日本の自動車の購入・保有にかかる
    税金を比較した結果、他国での負担が軽並みであることから「軽ユーザーの税負担が
    国際水準」として、軽の税金が安いのではなく、登録車の税金が高過ぎると主張して
    おり、自工会(日本自動車工業会)の豊田会長もこの主張を支持。

    総務省は欧州EPA協議や米とのTPP交渉で、軽の優遇税制を指摘されている事を
    後ろ盾に軽自動車税の大幅増税を目論んでいるようですが、自工会を筆頭に
    自動車各社や関連業界、地方を中心に生活の足として定着している軽ユーザーからの
    反発は必至。

    そもそも日本の自動車税制は未だにマイカーを「贅沢品」と見做した重課税システム。

    今回のように「課税先の付け替え」により現状の税収を維持するのでは無く、
    むしろ高額過ぎる登録乗用車の課税額を自動車先進国並みの課税レベル
    (=軽自動車並み)まで引き下げるのが本来であり、それが欧米諸国からの要求にも
    沿うことに。

    政府はその為に総力を挙げて省内を横断的に調整し、自動車以外からも広く税収源を
    発掘すべきで、その為の努力が今強く求められているのです。

    10月までに有識者検討会で具体策をまとめて与党の税制調査会に提案するよう
    ですが、それまでに抜本的な登録乗用車の減税対応策を打ち出して頂きたいところ。

    ソースは
    http://news.ameba.jp/20130826-69/

    【「軽自動車税」増税 !? 「自動車取得税」廃止の代わりに検討】の続きを読む

    このページのトップヘ