1: 田杉山脈 ★ 2019/06/26(水) 20:26:19.90 ID:CAP_USER.net
VR技術はエンターテインメントだけでなく医療分野でも活用できると期待されており、過去の研究により下半身不随や恐怖症を克服するトレーニングに役立つことが示唆されています。そんなVR技術による精神医療の展望について、アメリカの一般読者向け科学雑誌Scientific Americanがまとめています。

◆VRによる心理療法の歴史
VR技術を使用して精神の病を治療する試みは古くから行われており、1997年にはジョージア工科大学の研究者によってPTSDに苦しむ退役軍人を対象としたVR治療プログラム「Virtual Vietnam Therapy」が実施されています。以下の画像のうち、左の画像はVirtual Vietnam TherapyのVR画面で、右の画像はVirtual Vietnam Therapyを使用している様子です。

Virtual Vietnam Therapyは当時から効果が認められており、VRでベトナム戦争を追体験した退役軍人のPTSD患者10名全員が改善傾向を示したとのこと。また、同様にアメリカ同時多発テロ事件(9.11)の生存者を対象にVRでの治療を実施したところ、うつ病の症状は83%、PTSDの症状に至っては90%も低減させることができたとの研究結果もあります。

より新しい事例では、「バーチャル・イラク」によるVR療法がイラク戦争によりPTSDを患った2000人の兵士を救ったという報告もあります。

VRを用いた精神医療では、暴露療法という治療法がとられています。暴露療法とは、患者を恐怖心を抱いている対象などに向き合わせる行動療法の一種で、PTSDのみならず不安障害や特定の恐怖症などの治療に用いられている手法です。

例えば、高所恐怖症の患者が医師の指導の下で高い建物にのぼるように、一般的な暴露療法では十分に安全が確保された管理下で患者を恐怖や苦痛の対象に直面させます。一方で、VRを用いた暴露療法なら安全な室内でVR機器を使用するだけなので、現実世界での治療よりはるかに低コストかつ安全に暴露療法実施することが可能です。

さらに、VRならではのメリットもあります。ケベック大学で臨床サイバー心理学の研究委員長を務めるステファン・ブシャール教授は、「研究の一環として、高所恐怖症の患者にVR空間で崖から飛び降りてもらいました」と語り、VR暴露療法は現実世界では不可能な体験もできるという点で優れていると述べています。

VR暴露療法はうつ病を併発しているPTSD患者に対して特に効果が高いことでも知られています。南カリフォルニア大学のクリエイティブ・テクノロジー研究所で医療用バーチャルリアリティの責任者を務めるアルバート・スキップ・リッツォ氏は、「うつ病の患者はトラウマとなった体験に接触する機会が少ないため、症状が固定化してしまうおそれがあります。一方VRなら、戦争体験といった再現が困難な事柄も再現することができるので、患者がトラウマと向き合う助けとなります」と話しています。

◆VR療法の展望
2019年現在では、VRはヘッドセットを介して視覚や聴覚で仮想空間を体験するものがほとんどですが、将来的には嗅覚や触覚も再現するVR技術が登場することで、より効果的な暴露療法を実施することができると期待されています。
以下ソース
https://i.gzn.jp/img/2019/06/26/vr-mental-health/001_m.jpg
https://gigazine.net/news/20190626-vr-mental-health/

12: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 21:29:17.54 ID:eXklldZm.net
>>1
これからは童貞こじらせてもVRで直してもらえるんだね!よかった!!

2: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 20:31:29.69 ID:6nvatvBm.net
人間って存在する意味ってあるのか?ここまでなると

17: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 22:19:46.66 ID:AyWeldz1.net
>>2
仮想世界で幸せに生きればええ
地球はAIに任せて

20: 名刺は切らしておりまして 2019/06/27(木) 00:27:21.04 ID:37B1lbYc.net
>>17
謎のパンデミックや最終戦争やらAIの逆襲とかよりはマシな妥協点

3: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 20:36:29.66 ID:5u4bEkPS.net
逆に言えばVRで精神病にも出来る

9: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 21:11:33.21 ID:zEoM5g2c.net
>>3
表向き治療装置だが、本当の狙いは洗脳兵器の開発やろな

4: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 20:50:06.32 ID:Py28eJrH.net
ヘッドセットが無くなって、完全に意識がダイブできるようになるまで、意外と早いんじゃないかと思う。

5: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 20:52:01.12 ID:JLra8ynE.net
別にVR出なくても、医療トレーニング用ソフトウェアを使って健康になるんだよ。

6: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 20:52:12.46 ID:dUfyZpb9.net
VRでも足ふみ外して落下すると腰くだけるぞ

8: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 21:07:10.56 ID:9BBV6fR5.net
>高所恐怖症の患者

病気だったのか

10: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 21:16:45.89 ID:YTMQ0ssH.net
> 「将来的には嗅覚や触覚も再現するVR技術が登場することで」

治療用の施設作って押し込んだ方早くね?

11: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 21:21:28.09 ID:+bp27P2v.net
AI「頭の中に聞こえてくる声の内容ぐらいは選べるように

13: 名刺は切らしておりまして 2019/06/26(水) 21:29:23.00 ID:dPYUJR1b.net
デジタルドラッグまだ?

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1561548379/