1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/17(木) 13:38:07.91 ID:CAP_USER.net
 ソニーのAPS-Cサイズのミラーレス一眼が、スピードとAIを強みに進化した。1月16日に発表した「α6400」は、0.02秒のAFを実現。画像処理エンジン「BIONZ X」や動体予測アルゴリズムなど、フルサイズミラーレスカメラ開発で培った最先端技術をふんだんに盛り込んでいる。発売は2月22日。

https://japan.cnet.com/storage/2019/01/16/c9e3724adfb592f9dc99370ae843d17d/190116_sony_al_1280.jpg
「α6400」

 α6400は、APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載。425点の像面位相差AFセンサーをイメージセンサーの撮像面ほぼ全域に配置し、高精度なフォーカス合わせができるほか、BIONZ Xと動体予測アルゴリズムにより、高精度・高追従の「リアルタイム瞳AF」、被写体を認識し追従し続ける「リアルタイムトラッキング」機能を備える。

 AF/AE追従で最高毎秒約11コマの高速連写を実現。表示タイムラグを抑えたライブビュー方式では最高毎秒約8コマ、最高毎秒約8コマのサイレント撮影にも対応。4K HDR動画記録などもできる動画撮影性能を備え、4K動画撮影時も「ファストハイブリッドAFシステム」により、スムーズかつ高精度に被写体を捉え続けられる。

 画素加算のない全画素読み出しによる4K動画記録ができるほか、4K HDR撮影もサポート。4K動画と低解像度Proxy動画の同時記録対応、最大5倍までのスローモーションと最大60倍までのクイックモーション撮影可能なスロー&クイックモーション、4K動画からの静止画ファイル切り出し保存機能にも対応する。

 液晶モニターは180度チルト可動式で、静止画、動画撮影時に、ハイポジションまたはローポジションからの撮影や構図を確認しながら自分撮りが可能。フォーカス位置の選択や移動が簡単にできるタッチフォーカスも搭載する。

https://japan.cnet.com/storage/2019/01/16/ba6a50b070f37b38f344062ecf9d1127/190116_sony_al_07.jpg
フラッシュを内蔵
https://japan.cnet.com/storage/2019/01/16/8d910ba7a3a7fff7978903f2a46bc730/190116_sony_al_06.jpg
180度チルト可動式の液晶モニター

 ボディ「ILCE-6400」(想定税別価格:11万円前後)のほか、パワーズームレンズキット「ILCE-6400L」(同:12万円前後)、ダブルズームレンズキット「ILCE-6400Y」(同:14万円前後)、高倍率ズームレンズキット「ILCE-6400M」(同:15万円前後)を用意。ボディカラーはブラックとシルバーの2色を用意。高倍率ズームレンズキットはブラックのみとなる。

 あわせて、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」の大幅なソフトウェアアップグレードを実施すると発表した。AFや画質の進化に加え、操作性の向上と撮影をサポートする機能などを追加する。

 ソフトウェア・アップデートは、Ver.5.0を3月頃、Ver.6.0を夏頃に予定。狙った被写体を自動検出、追尾し続ける、新開発の「リアルタイムトラッキング」のほか、「リアルタイム瞳AF機能」は、AIによる物体認識で即時に瞳情報を検出。高精度に追従できるとしている。また、フォーカスする瞳を「オート」「右目」「左目」から任意で選択できるほか、一部の動物にも対応する予定(Ver.6.0)。野生動物やペットの瞳も高速、高精度に検出し、追従できる。

https://japan.cnet.com/storage/2019/01/16/f0f2b513a7e42cc79523a312200c99ad/190116_sony_al_08.jpg
ソフトウェアアップデートの主な特長

 このほか、「α7R III/α7 III」向けに、リアルタイム瞳AFの進化やインターバル撮影機能を追加。タイムラプス用の画像をカメラだけで撮影できる、撮影サポート機能なども備える。

 ソフトウェアソリューション「Imaging Edge」にプロ向けモバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」と、SNSへの共有が手軽にできるモバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」を追加。PCアプリケーション「Remote」「Viewer」「Edit」もアップデートする。

https://japan.cnet.com/storage/2019/01/16/ebdf871e73b26c77f51196142366b307/190116_sony_al_02.jpg
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ デジタルイメージング本部第1ビジネスユニット担当部長の大島正昭氏(右)、ソニーマーケティング プロダクツビジネス本部デジタルイメージングビジネス部統括部長の小笠原啓克氏(左)

関連ページ
α6400 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6400/
https://youtu.be/kWWfgEpcvw4



2019年01月16日 17時16分
CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35131347/

2: 大島榮城 2019/01/17(木) 13:39:22.41 ID:e2kjlLzZ.net
くソニーのカメラは、レンズばっか太く、だれのチンポでも計測してんのか、これは

3: 名刺は切らしておりまして 2019/01/17(木) 13:46:55.16 ID:BAUk3p6c.net
はいおまえら発狂

6: 名刺は切らしておりまして 2019/01/17(木) 13:59:42.44 ID:bA2UCu1d.net
これ何世代目なの?

9: 名刺は切らしておりまして 2019/01/17(木) 14:35:48.43 ID:0QHWrInt.net
いまさらAPSフィルムのカメラとか需要あるのかね

>>9
APS-Cは小型で軽く、望遠に向いている

10: 名刺は切らしておりまして 2019/01/17(木) 15:21:55.66 ID:zCTKarN7.net
こんだけフルサイズ機にに力入れて、そして下には1型で何でもできて無敵状態のRX100があると
ソニーのカメラでAPS-C 買う人ってかなり限られてくると思うわ

自社の製品で上下から挟み撃ちにしてる

>>10
小型で軽い
望遠が実質1.5倍
アウトドアなどで持ち運びに便利

ソニーミラーレスの場合は、レンズもボディも全ラインナップがフルサイズとAPS-Cで無制限完全互換で使える

13: 名刺は切らしておりまして 2019/01/17(木) 15:39:28.70 ID:ADm6yYHa.net
SONYの資本力ならではのラインナップ。
APS-Cのみならず、フルサイズも充実しているので、ユーザーの心をつかみやすい。

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1547699887/