1: 田杉山脈 ★ 2018/10/22(月) 20:53:58.53 ID:CAP_USER.net
https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2018/10/tesla-model-3-scenic_mountain_1.png?w=736&zoom=2
TeslaはModel 3の低価格中後続距離バッテリー車を新たに発売する。価格は4万5000ドル(税優遇前)。

Elon Muskはこの推定航続距離260マイル(418 km)の新車種をTwitterで発表した。同社のウェブサイトはすでに更新されている。米国内の顧客は今日(米国時間10/19)から注文可能でカナダでも近々発売予定だ。

Muskのツイートによると、中航続距離Model 3の連邦およびカリフォルニア州の税優遇を適用した後の価格は3万5000ドルになる。

ただし、7500ドルの連邦税優遇措置を受けるためには2018年12月31日までに車を受け取る必要がある。同車種の納車予定期間は6~10週間なので、10月終わりから11月始めにかけて注文した人は税優遇を受けられるはずだ。

今年Teslaは20万台目の電気自動車を納車した。このことで、電動自動車を新車購入した消費者に適用される連邦税優遇のカウントダウンがはじまった。この税優遇は、ある自動車メーカーが米国内で対象車両を20万台販売した時点で収束し始める。このルールの下、Tesla顧客が税優遇を受けるためには、新しいModel S、Model X、あるいはModel 3が12月31日までに納車される必要がある。

Muskはその後のツイートで、この中距離車のバッテリーは、長距離モデル用バッテリー筐体のバッテリーセルを減らしたものだと説明した。「筐体中のセルのない部分は不釣り合いたほど大きいが、2月に延ばすかわりに今提供することができる」と彼は書いた。

なお、この中航続距離バッテリーモデルは、長航続距離デュアルモーターのModel 3や高性能バージョンよりも安いが、当初約束されていた基本スペックモデルの3万5000ドル(税優遇前)よりもまだ高い。アーキテクチャーの異なる標準バッテリーを搭載した低価格モデルは、4~6ヶ月先にならないと入手できない。

「Model 3の生産および販売が急成長するなか、われわれは安定した生産能力を達成し、いっそう多くの顧客にむけて多様な製品ラインを用意ひることができた」とTeslaの広報担当者がメールによる声明で言った。「今週米国・カナダで発売された新しい中航続距離バッテリーは、Model 3を求める数多くの顧客のさまざまなニーズに答えるものであり、標準バッテリーを注文した顧客の推定納車期間は4~6ヶ月だ。
https://jp.techcrunch.com/2018/10/22/2018-10-19-tesla-is-rolling-out-a-cheaper-mid-range-model-3/

7: 名刺は切らしておりまして 2018/10/22(月) 21:28:45.54 ID:lheMkgtU.net
モデルX 90Dは、毎日4回急速充電で48万km走行しただけで
電池が12.6%も減少する使い物にならない車。

>>7
48万キロ走ってその程度の劣化ならどんどん導入したい

9: 名刺は切らしておりまして 2018/10/22(月) 21:35:25.59 ID:asYR5Ob4.net
テスラって何でセダン型しか無いん?

>>9
できるだけパーツの共有化をしないとコストが高くついて利益なくなるんだろ? 
カローラみたいなもんだ

17: 名刺は切らしておりまして 2018/10/22(月) 22:07:19.13 ID:zTRnQ2As.net
日本市場は相手にされてない

19: 名刺は切らしておりまして 2018/10/22(月) 22:16:09.40 ID:pBfpo/Vl.net
日産リーフの中古車価格を見れば全てわかる。

20: 名刺は切らしておりまして 2018/10/22(月) 22:16:39.66 ID:9mazOIja.net
充電が最大の欠陥

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1540209238/