1: ノチラ ★ 2017/07/02(日) 11:36:43.99 ID:CAP_USER.net

コンテナ型仮想化を実現するDockerの無償提供版「Docker Community Editionの最新版となる「Docker CE 17.06」のリリースが発表されました。

Dockerは3月にリリースされたバージョンからバージョン番号を「年2ケタ.月2ケタ」で示すようになりました。そのため、今月リリースされたDockerにはバージョン番号として「17.06」が用いられることになります。

Docker CE 17.06は、「Moby Project」の下で全体が開発された初めてのバージョンになります。

Moby Projectとは、4月に行われたDockerのイベント「DockerCon 2017」で発表されたプロジェクト。Dockerのようなコンテナプラットフォームをさまざまなコンポーネントに分解。それらを組み合わせることでさまざまな用途に特化したコンテナプラットフォームの開発を可能にする、という取り組み全体を指します。

Moby Projectが発表されたその日のうちに、これまでのDockerの開発は、すべてMoby Projectに置き換えられました。Docker創業者のSolomon Hykes氏は「創業以来、もっとも重要なプロジェクト」だとMoby Projectを説明しています。

コンテナプラットフォームのコンポーネントとは、コンテナランタイムの「containerd」、Linux OSの機能を提供する「LinuxKit」などを指します。

例えば、MacOS用のハイパーバイザ機能を提供する「HyperKit」と、Linux OS機能を提供する「LinuxKit」、コンテナランタイムの「Containerd」を組み合わせ、その上にコンテナでパッケージした「Redis」を実行すれば、MacOS上で実行できるコンパクトなRedis専用実行環境が実現します(下図の左)。
http://www.publickey1.jp/2017/dockercon1714.gif

コンテナプラットフォームの構築にこのような柔軟性を持たせるのがMoby Projectの目指すところであり、「Docker CE 17.06」(Docker for MacやDocker for Windows、Docker for AWSなど)はこうしたMoby Projectのコンポーネントが用いられています。
http://www.publickey1.jp/blog/17/docker_1706_community_editionmoby_project.html



2: 名刺は切らしておりまして 2017/07/02(日) 12:13:47.16 ID:0zj4DNZK.net

そんなもん要らんだろう


7: 名刺は切らしておりまして 2017/07/02(日) 14:27:30.52 ID:0Q7cdWRN.net

仮想マシンがドッーカに行っちゃったよ~


8: 名刺は切らしておりまして 2017/07/03(月) 02:08:33.17 ID:enbtTC+v.net

ドッカーらこの記事もってきた?


9: 名刺は切らしておりまして 2017/07/03(月) 03:50:45.15 ID:8Ouwtbko.net

Docker使おうとすると、そういうの意味分からないから保守出来ないのでと却下するのがSIerクオリティ


http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498963003/