1 名前:柴犬 ★[] 投稿日:2015/01/09(金) 09:06:25.26 ID:???.net
【AFP】
戦争と外交政策に3Dプリント技術が革命をもたらすと専門家たちが論じている。
驚くような新設計を可能にするだけでなく、軍需産業を転換させ、ひいては世界経済全体をも覆すかもしれないという。

3Dプリントといえば、多くの人はいまだプラスチック製の人形程度しか作れない小道具のように思っている。
しかし、今年いくつかの重要な特許の期限が切れることで、金属や木材、繊維などを使う新しい3Dプリンターが今よりも広く利用できるようになり、
産業工学に歴史的な大転換期をもたらすかもしれない。

3Dプリント技術が発明されたのは、大方で思われているよりも早い1980年代だ。
最近になって、この技術の当初の特許期限が切れつつある。
09年、最初に期限切れを迎えた大きな特許は「熱溶解積層法(Fused Deposition Modelling、FDM)」と呼ばれるプラスチック樹脂の造形方式だ。
14年前半に期限切れとなった次の大きな特許は、アルミニウムや銅、鉄などをプリントする「レーザー粉末焼結積層造形(Selective Laser Sintering、SLS)」に関するものだ。
エンジニアは鋼鉄の塊を相手にする代わりに、もっと少ない素材で強度を失うことなく複雑で新しい形態を生み出せる。

英航空防衛機器大手「BAEシステムズ(BAE Systems)」の3Dプリント部門を率いるマット・スティーブンス(Matt Stevens)氏は
「産業工学の分野でこれだけ根本的な激変が起こるのは、長らくなかったことだ。われわれが今していることは単なる改善ではなく、ルールブックの書き換えだ」という。

この技術革新の最先端にあるのが、軍需産業だ。
国際情報企業IHSテクノロジー(IHS Technology)のアナリスト、アレックス・チャウソフスキー(Alex Chausovsky)氏によれば、
米軍はすでに制服や、負傷者を治療するための人工合成皮膚、さらには食品までを3Dプリンターで製造する試みに多額を投じている。
また米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)の科学者たちはすでに「4Dプリント」技術まで開発しているという。
これは例えば水など、何らかの元素との接触によって変化する素材を作る技術だ。
つまり環境によって色が変わる4Dプリント技術で製造された戦闘服のような製品がいつか登場するかもしれない。

(>>2)

2 名前:柴犬 ★[] 投稿日:2015/01/09(金) 09:06:38.43 ID:???.net
■前線で武器製造、軍需産業構造にも影響
現実の世界でもすでに最初の数歩が踏み出されている。BAEシステムズは昨年末、トーネード(Tornado)戦闘機に初めてプリンターで製造した金属部品を実装した。
同社は最近発表した映像で、3Dプリント技術によって航空機内で別の航空機を製造し発進させる構想を示した。
同社のスティーブンス氏は「時間はかかるが究極の目標は、航空機全体を3Dプリント技術で製造することだ」と述べている。

しかし、3Dプリント技術による真の革命は、何を作れるかよりも、どこで作れるようになるかだ。
戦闘地域に3Dプリンターを持ち込めば、戦闘そのものと軍需産業が必ず激変するというのは、米シンクタンク
「ニュー・アメリカ・ファウンデーション(New America Foundation)」で未来の武力衝突について研究するピーター・W・シンガー(Peter W Singer)氏だ。
「(現在)軍需産業の業者は武器を売りたがるだけでなく、50年に及ぶ供給チェーンを手にしたがる。
しかしアフガニスタンのような前哨地で、兵士が自分たちでソフトウエアを使い、交換部品を微調整しプリンターで作り出せたらどうなるだろう」。

こうしたことが可能になれば、軍は民間の軍需産業企業をいっさい切り捨てかねない。さらに3Dプリンターを製造ラインロボットと組み合わせれば、残りの部分も極めて合理化できる。
米国のように政策的に全土に軍需産業が配置され、数百万人の雇用を支えている国では、このような変化は多大な政治的意味をもたらす。


■制裁を無効化、製造業を揺るがす
3Dプリント技術は外交政策をも変えるだろう。例えば、制裁の効力を弱めてしまうかもしれない。
「米国は戦闘機の部品から石油関連の機器まで何でも制裁の対象とするが、10年以上にわたって外交政策の要であってきたその『制裁』が、3Dプリント技術によって時代遅れになりうる」とシンガー氏はいう。

一方、兵器製造の敷居が低くなることで恐ろしい可能性も生じる。
「中東の爆弾製造者が日用品そっくりに見える新しい爆弾を設計したり、一匹狼的な実行犯がプラスチック銃をプリンターで製造し、ホワイトハウス(White House)の警備をすり抜けるといった可能性」をチャウソフスキー氏は危惧する。

しかしこれらすべては、3Dプリント技術が経済に革命をもたらすことで生じ得るセキュリティ・リスクに比べれば、大したことはないかもしれない。
誰もがプリンターで商品を作ることができてしまえば、衣料品や玩具などの製造を安価な工場労働に依存している経済は、深刻な問題に直面することになるだろう。
チャウソフスキー氏は、「3Dプリント技術がどんなところに大きな脅威を与えているのかを知りたければ、中国がどれだけ低コストの商品化分野に頼っているかを考えればよい」と語った。

http://www.afpbb.com/articles/-/3035751
3 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2015/01/09(金) 10:52:58.09 ID:I2DRv6hn.net
> しかし、今年いくつかの重要な特許の期限が切れることで

また特許が技術の進歩を妨げたのか
特許を廃止するか、利用しやすくしようよ
9 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2015/01/10(土) 10:03:21.09 ID:WRiYCTwFq
>>3

>また特許が技術の進歩を妨げたのか

特許があることで、発明が文書化され、時間経過後には
みんなが無料で使えるようになる

特許制度が、良くないのは発明がするために
がんばった人にきちんと報酬がいくかどうかが
微妙な点だ。
4 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2015/01/09(金) 11:00:10.73 ID:iQNbFPfA.net
既存の技術が無料になったからって激変するわけでもないだろ
5 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2015/01/09(金) 11:12:33.27 ID:kTD0QgUC.net
特許に研究開発が妨げられる程度の将来性なら大したことはない
6 名前:大島栄城 ◆n3rBZgRz6w [] 投稿日:2015/01/09(金) 11:32:26.79 ID:WQeLFcro.net
こいつら漫画の見過ぎだよな、イギリスってオタクしかいねえ
7 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2015/01/09(金) 12:28:44.49 ID:zVM1tGnA.net
週刊3Dマガジン欲しいw
8 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2015/01/10(土) 08:50:24.47 ID:i9imxxB/.net
中国の軍艦で既に3Dプリンタを積んで部品の補修してるとのニュースが

東亜の連中は馬鹿にしてたけど戦闘中いちいち戻る訳にもいかんし
山のように部品積むわけにもいかない


元スレ:http://anago.2ch.sc/bizplus/1420761985/