1 名前:サファイアψ ★[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 19:59:41.31 ID:???
円安効果により、iPadやiPad miniが値上がりしたのも記憶に新しいAppleの価格改定。
そういえば、アプリの価格には影響はないの?いえ、じつは水面下で変化が起こっているようです…。

開発者向けのiOSアプリデータ管理サイト「iTunes Connect」では、配信するアプリの価格を決める「Price Tier」という項目があります。
ここでは、0円/85円/170円…とAppleが定めた価格帯の中から好みの値を設定できます。
2011年以降、ここでは有料価格の最低金額が「0.99ドル=85円」というレートでずっと扱われてきたのですが。
 つい最近、このレート以外の項目が増えたようなのです。

http://app2.meet-i.com/wp-content/uploads/kakaku20130627_1.png
それがこちらの「Alternate Tier」という項目!こちらを選ぶと、なんと「0.99ドル=100円」のレートが付けられるんです!
 ということはつまり…!?
85円~170円の間に、100円という価格設定ができたわけです!

http://app2.meet-i.com/wp-content/uploads/100yen.png
▲いち早く対応し、現在ダウンロード価格が100円になっている「統計天気」!定価は350円だから、これでも超お買い得なんですけどね♪

さて、このAppleの対応には2つの可能性を感じます。
1つは、「0.99ドル=85円」のレートを「100円」にするための事前準備。最初は選択式にさせておいて、あるタイミングで85円の選択肢を消去するという方法。
2つめは、開発者により多くの選択肢を与えるための価格帯の細分化。この場合、85円のコースも残すという形ですかね。

確かに、例えば「パズドラの魔法石の単価がいきなり100円になる」と、かなりの影響があるのは簡単に予想できますよね。
Appleとしては出来るだけ混乱なく、でもアプリの価格も値上げの方向で進みたい。そのための苦肉の策ということでしょうか?

ともあれ、いまは「0.99ドル=85円か100円」という不思議なレートになっているアプリの価格設定のお話でした!

ライター:なかムー
【iPhoneアプリのミートアイ】
http://app2.meet-i.com/?p=11557

2 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 20:37:53.21 ID:???
宣伝乙
3 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 22:43:45.25 ID:???
宣伝乙


元スレ:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/pcnews/1372330781/