1: 田杉山脈 ★ 2021/04/06(火) 15:59:37.20 ID:CAP_USER
    リーク情報的中率97%のリーカー、Kang氏が、新型iPad Proが4月中旬に発売されると、中国のソーシャルメディアWeiboに投稿しました。
    Wi-Fiモデルが先に発売、セルラー+Wi-Fiの発売が遅れる?
    Kang氏によれば、新型iPad ProはWi-Fiモデルが先行して発売され、セルラー+Wi-Fiモデルの発売は少し遅れるようです。

    新型iPad Proに関する予想スペック
    新型iPad Proは、12.9インチモデルがミニLEDバックライトディスプレイ、A14Xを搭載し、5Gに対応、11インチモデルはディスプレイに変更なく、A14Xを搭載し、5Gに対応すると噂されています。

    これらの製品は、Apple TV 6やAirTagsと共に、Appleが4月に開催するイベントか、プレスリリースでの発表が予想されています。
    https://iphone-mania.jp/news-358591/

    【新型iPad Proが4月中旬発売か】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2021/03/17(水) 14:36:40.57 ID:CAP_USER
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1312/507/b00.jpg
    「nasne」(NS-N100)

    バッファローは17日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)協力のもと継承した、ネットワークレコーダー「nasne」(型番:NS-N100)を、Amazon内バッファロー公式ストアで3月末より発売すると発表した。内蔵HDDは2TBで、価格は29,800円。

    PS4やiOS/Androidデバイス、Windowsなどの対応機種から使用できるが、さらに2021年末商戦期にはPlayStation 5用TVアプリ「torne」も提供予定。このアプリを使うことで、PS5でもテレビ番組の録画や視聴が可能になるという。

    既報の通り、nasneはSIEが2012年に発売したHDDと地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー搭載のネットワークレコーダー。従来の“ソニー製nasne”は2019年に販売終了したが、今回発売する“バッファロー製nasne”は、SIE協力のもと継承・機能強化された新モデル。

    バッファローでは「今までの『nasne』体験はそのまま継承し、内蔵ストレージの大容量化や、スマホ対応表示の見直しなど高画質・高速ネットワーク時代にあわせて進化した」としている。

    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1312/507/bb01_o.jpg
    「nasne」(NS-N100)

    従来モデルとの違いは、内蔵するHDD容量、外付け対応のストレージ種類と容量、そしてiOSデバイス視聴時の画質向上、内蔵ファンの有無など。搭載するチューナー数や利用可能な対応機種は、変わらない。

    バッファロー製nasneでは、内蔵HDDが従来の1TBから2TBに容量拡大。外付けHDDの最大容量も従来の2TBから6TBまで対応できるようになり、内蔵HDDと合わせて最大総容量8TBまでの構成が可能になった。さらに従来は非対応だった、ポータブルHDD/SSDもサポートした。外付けストレージのファイルシステムはFAT32から、XFSに変更されている。また、従来のnasneはファンレスだったが、バッファロー製は静音ファンを搭載している。

    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1312/507/top_01_p02_sp.jpg

    スマホ視聴時の画質向上も実現。iPhone/iPad向けTVアプリ「torne mobile」を使用した場合は、720pのHD画質で視聴できるようになった。またAndroid向けTVアプリにおいても、これまで通り楽しめる。PS4からは「torne PlayStation 4」を、Windows対応機種では「PC TV plus」を使用する。
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1312/507/img03_01_o.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1312/507/bb02_o.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1312/507/bb03_o.jpg

    □関連リンク
    バッファロー
    https://www.buffalo.jp/
    ニュースリリース
    https://www.buffalo.jp/press/detail/20210317-01.html
    「nasne」特設サイト
    https://www.buffalo.jp/nasne/
    amazon内バッファロー公式ストア(バッファローダイレクト)
    https://www.amazon.co.jp/dp/B08WQ6346B
    SIEのニュースリリース
    https://www.playstation.com/ja-jp/torne/torne-notice-210317/

    □関連記事
    nasne本格再始動。SIEとバッファローに聞く、「新ハード」と「PS5版」
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/1312171.html
    2021年3月17日
    「nasne」復活、バッファロー継承。PS5ロンチ時torneアプリは非対応
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1281293.html
    2020年10月7日

    2021年3月17日 10:03
    AV Watch
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1312507.html

    【バッファロー製「nasne」は2TB、29,800円で3月末。PS5対応は21年末】の続きを読む

    1: 【中国電 - %】 ◆fveg1grntk 2021/03/17(水) 20:20:09.46 0
    https://gigazine.net/news/20130604-emperor-1510-lx/

    https://i.gzn.jp/img/2013/06/04/emperor-1510-lx/top.jpg
    https://i.gzn.jp/img/2013/06/04/emperor-1510-lx/03_m.jpg
    https://i.gzn.jp/img/2013/06/04/emperor-1510-lx/07_m.jpg


    27インチのスクリーン3つと19インチのスクリーン2つ、計5つのPCにまで対応しているスチール製のリクライニングシート付きワークステーションが「Emperor 1510 LX」です。
    イスと呼ぶのもためらわれるようなPCチェア&デスクで、仕事場や自室が急に近未来的な雰囲気をまといそうなデザインとなっています。

    https://www.youtube.com/watch?v=KWdvxjJ_jPY

    【近未来のSF的な雰囲気で仕事や勉強ができるPCチェア&デスク「Emperor 1510 LX」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2021/02/28(日) 20:31:12.36 ID:CAP_USER
    Windowsに関する情報サイトWindows Latestが、MicrosoftはWindows 10系の「新しいWindows(The New Windows)」を4月に発表する可能性があると伝えました。
    4月か5月にイベントを開催し、新情報をアナウンスか
    Windows Latestが入手した情報によれば、Microsoftは4月か5月に、Windowsに関するイベントもしくは、開発者カンファレンス「Build 2021」で、Windowsの新情報に関するセッションの開催を計画しているとのことです。

    「新しいWindows」との呼称は、新設計のWindowsを示しているわけではなく、あくまでもマーケティング目的で用いられているようです。

    「コードネーム:Sun Valley」に関する情報提供が行われる?
    MicrosoftはWindows 10のアップデート、Windows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」でUIを大幅に刷新すると噂されています。

    Windows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」は、Windows 10Xのアクションセンターを取り入れ、スタートメニューとUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリを含め、ウィンドウの角が丸みを帯びたものになる他、フローティングスタートメニューを導入、「アクションセンター」「タスクバー」「Windowsアプリ」が大幅に変更されると、予想されています。
    https://iphone-mania.jp/news-350046/

    【Microsoft、「新しいWindows」を4月に発表か】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2021/02/17(水) 14:40:30.81 ID:CAP_USER
     アイロボットジャパンは2月17日、ロボット掃除機「ルンバ i3+」を発表した。ルンバが戻ってくると自動でごみを吸い出す「クリーンベース」付きで価格は9万9800円(税込)。ボディ上面にルンバとして初めてファブリック調デザインを採用した。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2102/17/l_ts0153_4million04.jpg
    ルンバとして初めてファブリック調デザインを採用した「ルンバ i3+」
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2102/17/l_ts0153_4million05.jpg
    自動でごみを吸い出す「クリーンベース」付き

     コストパフォーマンス重視の中位モデル。2月26日に全国の販売店や公式ECサイトで販売する。自動ごみ収集機なしの「ルンバ i3」(6万9800円)も同時に発売する。

     アイロボットジャパンの挽野元社長は「アイロボット史上、最高のコストパフォーマンス。ロボット掃除機を市場に浸透させるための戦略的な商品」と胸を張った。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2102/17/l_ts0153_4million02.jpg
    アイロボットジャパンの挽野元社長

     吸引力やクリーンベース対応などの掃除に関する基本的な機能は上位モデル「Roomba i7+/i7」と共通。「クリーンベースには最大60日分のごみを溜められる。数カ月間は掃除のことを気に掛ける必要がない」という。ただし「iRobot HOME」アプリで部分清掃エリアや進入禁止エリアが設定できないなど一部機能に制約がある。

     上面のファブリック調デザインは、布ではなく専用に作ったフィルムによるもの。米国本社のデザインチームが各国の家庭でのヒアリングを通じ、「インテリアになじみ、主張しすぎないデザイン」を目指した。指紋やホコリも付きにくいという。

     挽野社長は「2020年は巣ごもり需要で白物家電が好調だった。これを追い風として新しい挑戦を始める」とし、ルンバi3+の発売を機にこれまで普及率の低かった“若い家族”にロボット掃除機を売り込む考えを示した。2月から5月にかけ、抽選で合計1万人に2週間無料でルンバ i3+を試用できる体験キャンペーンなどを実施する。

     「1万人が2週間、掃除を手放す(=ロボット掃除機に任せる)と合計5万3000時間もの時間を生み出せる。ルンバが掃除する面積に換算すると約1万7900km2。四国とほぼ同じだ」

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2102/17/l_ts0153_4million03.jpg
    ロボット掃除機の機能比較表(出典はアイロボットジャパン)

    □関連リンク
    アイロボットジャパン
    https://www.irobot-jp.com/
    史上最高のコストパフォーマンスを実現したロボット掃除機「ルンバ i3+」「ルンバ i3」を発売(PDF)
    https://www.irobot-jp.com/press/pdf/20210217.pdf
    製品ページ
    https://www.irobot-jp.com/product/i3/

    2021年02月17日 13時01分 公開
    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2102/17/news088.html

    【ファブリック調の「ルンバ i3+」発売 自動ごみ収集機付きで10万円切る】の続きを読む

    このページのトップヘ