1: 少考さん ★ 2022/07/22(金) 21:24:41.32 ID:CAP_USER
    FAudio、ストラトキャスターから着想得たチューニングできるイヤフォン「Mezzo」 - AV Watch
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1426602.html

    山崎健太郎 2022年7月22日 16:00

    https://asset.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1426/602/fa02_o.jpg
    Mezzo

    ミックスウェーブは、FAudioの新イヤフォンとして、エレキギターの「ストラトキャスター」からインスピレーションを受けて採用されたピエゾドライバーと、名機「Major」から移植したダイナミックドライバーを搭載した「Mezzo(メッゾ)」を7月29日に発売する。日本国内100台限定で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は295,800円前後。

    「ストラトキャスター」を参考に、エレキギターのセミホロウボディからヒントを得て、「ボディがもたらす微振動効果をシミュレートする」というダブルレイヤーピエゾドライバーを搭載。「イヤフォン全体の音の立ち上がりの速さ、音の響きを高めた」という。ピエゾドライバーはフルレンジとして採用している。

    さらに、人気モデル「Major」の心臓部である10mmダブルレイヤーダイヤフラムダイナミックドライバーを移植。ドライバー配置など、物理的な部分を精密に調整し、「最も重要な低域の再生を担当させている」という。

    これに加え、ミッド/ハイ用のバランスドアーマチュアドライバー(BA)×1基と、フルレンジ用のBA×1基も搭載。合計4ドライバー構成となる。

    (略)

    チューニングスイッチ「Personal Tuning Control」

    https://asset.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1426/602/fa04_o.jpg
    Personal Tuning Control

    大きな特徴として、「Personal Tuning Control」というチューニングスイッチを装備。こちらも、ストラトキャスターのピックアップのトーンコントロールやスイッチデザインをヒントに開発されたもので、「イヤフォンに全く異なる様々なサウンドキャラクターを持たせることを目標として開発された」という。

    複数のチューニングを持たせるために研究した結果、従来のスイッチ回路のメカニズムでは、すべてのチューニングの位相や周波数特性全体に影響を与えてしまう事が判明、長期間のテストと調整を行ない、「音楽の種類に合わせて音を変化させる」というこの機構を完成させた。

    「研究開発で最も時間を費やした」という機構で、過去に開発したどのイヤフォンよりも複雑な回路と特許技術T.C.Tの連携により、フルレンジBAをコントロールすることで、周波数帯域の補正を行なっている。この出力補正により、周波数全体の線形性と様々なチューニングにおいて、「音の滑らかさとコヒーレンスを維持している」とのこと。

    再生周波数特性は12Hz~60kHz、入力感度は108dB@1mW、インピーダンスは20Ω@1kH。

    筐体のデザインには緑と黒が織り込まれており、「有名なエナジードリンクからインスピレーションを得たもので、日夜努力する人々を応援したいという気持ちが込められている」という。

    https://asset.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1426/602/fa06_o.jpg

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【FAudio、ストラトキャスターから着想得たチューニングできるイヤフォン「Mezzo」】の続きを読む

    1: 少考さん ★ 2022/07/13(水) 11:32:55.00 ID:CAP_USER
    デジタルメモ「ポメラ」に新型。USB-C、スマホ連携強化のDM250 - Impress Watch
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1424339.html

    加藤綾 2022年7月12日 17:00

    https://asset.watch.impress.co.jp/img/ipw/docs/1424/339/kingjim_01_o.jpg

    キングジムは、テキスト入力に特化したデジタルメモ「ポメラ」の新モデル「DM250」を、7月29日に発売する。価格は60,280円。

    DM200の後継モデル。DM250では、テキスト入力のしやすさはそのままに、USB Type-C対応、バッテリー容量アップ、充電確認用LED搭載などの強化とともに、ポメラ向けに最適化した日本語入力システム「ATOK for pomera[Professional]」による校正支援機能の追加、脚本や台本の作成に適したシナリオモード追加といったアップデートを行なっている。

    PCリンク、充電ポートとして使用するインターフェイスは、DM200のUSB 2.0(microBタイプ)から、USB 2.0(Type-C)に変更。バッテリーについてはDM200より約6時間長い、約24時間の使用を可能とした。また、充電確認用LEDを搭載。本体を閉じた状態でもバッテリーの残量を把握できる。加えて使用中は、バッテリー残量が画面上に数字で常時表示されるようになった。

    キーボードはローマ字入力やUSキーボードで重要度が高い英字を中央に配置。フォントは可読性が高いAXISフォントを採用した。キーボードレイアウトは、US配列キーボードユーザー向けに、ポメラ用にカスタマイズしたUS配列を追加。従来のポメラでも採用していた、日本語入力に特化した「親指シフト」には、改良したレイアウトを1種追加し、入力しやすさを図っている。そのほか本体の構造を見直し、打鍵音がより静かになり、出先などでも使いやすくしている。

    (略)

    スマホとの連携については、Wi-Fi接続によりポメラ本体と直接テキストファイルのやり取りが可能。専用アプリ「pomera Link」でポメラ内のデータを確認し、選択することでアプリ内に保存できる。専用アプリからのポメラ内のファイル一覧の閲覧、アプリ内のファイルのポメラへの送信も可能。アプリは、これまではiOSのみ対応だったが、Androidにも対応する。対応OSはiOS 13以上、Android 9以上。

    そのほかユーザーの要望を反映し、ゴミ箱、バックアップ領域を追加。間違って削除したり上書きをしてしまったファイルの復旧が可能になった。また、検索性向上を図り、正規表現検索に対応した。

    テキストファイルをQRコードに変換する機能では、QRコード表示できる文字数がDM200の最大約9万字から20万字にアップした。

    カラーはダークグレーで、キングジム公式オンラインストア限定モデルとしてホワイトも用意。サイズは約263×120×18mm(幅×奥行×高さ)、重量は約620g、画面は7.0型TFT液晶/1,024×600ドット。初年度販売目標数量は8,000台。

    専用ケース「DMC7」も同時発売。アルミ製のハードケースで、クッション材を内蔵している。DM200でも使用可能。価格は7,700円。

    なお、専用アプリのpomera Linkは、DM250以外に、DM200、DM100、DM30、DM25、DM20、DM11Gにも対応するが、Wi-Fi接続によるファイルの送受信はDM250のみ対応。7月12日よりApp Store、Google Playにて無料配信する。

    関連リンク
    ニュースリリース
    https://www.kingjim.co.jp/news/detail/452.html

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【デジタルメモ「ポメラ」に新型。USB-C、スマホ連携強化のDM250】の続きを読む

    1: 少考さん ★ 2022/07/26(火) 13:12:28.07 ID:CAP_USER
    eStream、コイン型Edy搭載のフィギュアを展開--若年層にキャッシュレス体験を提供 - CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35190905/

    佐藤和也 (編集部)2022年07月25日 18時05分

     eStreamは、電子マネー「楽天Edy」と連携し、キャッシュレス決済機能がついたキーホルダータイプのフィギュアブランド「きゃらぺいっ!」を、10月から展開する。7月24日に開催されたイベント「ワンダーフェスティバル2022[夏]」にて、実物のお披露目を行った。

    https://japan.cnet.com/storage/2022/07/25/bf18211976550363bf1b8c24e05ee6bc/20220725_charapay_02.jpg
    「きゃらぺいっ!」を活用した決済デモ

     eStreamでは、フィギュアブランド「SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE」などといった事業を展開。今回の「きゃらぺいっ!」は、キャッシュレス決済機能がついたキーホルダータイプのミニフィギュアシリーズとして新たに展開されるもの。フィギュアにコイン型Edyがセットされており、コンビニなどでの支払いで活用することができる。ユーザーが好きなキャラクターのフィギュアを持ち歩くことで、楽しいキャッシュレスライフを提供する。

     第1弾として、サンリオのキャラクター「シナモロール」「ポムポムプリン」「マイメロディ」「クロミ」の4種が登場。10月から発売を予定となっている。価格は各3460円(税込)。

    https://japan.cnet.com/storage/2022/07/25/04e13cde40097fd69efe559502a3cc57/20220725_charapay_01.jpg
    サンリオのキャラクター4種を第1弾として発売する


    https://japan.cnet.com/storage/2022/07/25/21708f2a0f7e762127d95891fc6290d0/20220725_charapay_04.jpg
    キャラクターの台座の部分にコイン型Edyがセットされている

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【eStream、コイン型Edy搭載のフィギュアを展開】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/07/13(水) 14:25:21.94 ID:CAP_USER
     Bluetooth SIGは、Bluetoothオーディオの次世代仕様として、「LE Audio」が完成したことを発表した。同仕様をサポートする製品は、今後数カ月の間に登場する見込みだという。
    https://asset.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1424/569/01_o.png

     「LE Audio」は、2020年1月に発表されたBluetoothオーディオの新仕様。新オーディオコーデック「LC3」が採用されており、低いビットレートでも高い音質を実現する。これにより、消費電力も抑えられる。

     また、複数のデバイスに音声を送信する新機能「Auracast ブロードキャスト オーディオ」に対応。さらに、補聴器もサポートする。

     Bluetooth SIGのCEOであるマーク・パウエル(Mark Powell)氏は、「私たちのメンバーは、過去数年にわたる多くの困難を乗り越え、Bluetooth SIG史上最大の仕様策定プロジェクトを完結させた。『LE Audio』がもたらすイノベーションを見るのが待ち遠しい」とコメントしている。

    □関連リンク
    Bluetooth SIGのブログ(英文)
    https://www.bluetooth.com/blog/just-announced-the-complete-suite-of-le-audio-specifications-is-now-available/

    □関連記事
    Bluetooth SIG、ブロードキャストにも対応する「LEオーディオ」を発表
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/ces2020/1227920.html
    2020年1月8日

    Bluetoothの新音声規格「LE Audio」、新コーデック「LC3」採用やマルチストリーム・ブロードキャストに対応
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1238863.html
    2020年3月4日

    Bluetooth SIG、LE Audio新コーデック「LC3」の仕様書を公開
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1282893.html
    2020年10月15日

    2022年7月13日 12:55
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1424569.html

    【Bluetoothの次世代仕様「LE Audio」が完成】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2022/07/05(火) 23:39:33.47 ID:CAP_USER
    NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)は5日、ゲーミングPCへの参入を発表した。新たにタワー型ゲーミングデスクトップPC「LAVIE GXシリーズ」を14日から発売する。価格はオープンプライス。Webダイレクトモデルは5日から受注を開始し、NEC Direct価格は194,700円から。

    PCによるオンラインゲームの人気が高まりを受け、NEC PCもゲーミングPCを強化。LAVIE GXは「これからオンラインPCゲームを始めるユーザ」をターゲットとし、「Xbox ワイヤレス コントローラー+ USB-C」やゲーミングヘッドセットを付属する。

    GX550/EABは、CPUが第12世代 Intel Core i5-12400F、メモリ16GB、GPU AMD Radeon RX 6400、SSD 512GB、2.5G BASE-T対応の高速LANなど。いずれもオンラインゲームだけでなく、クリエイティブな作業にも適しているという。

    また、数百のゲームが月額定額でプレイできるマイクロソフトのゲーム サブスクリプション サービス「Xbox Game Pass Ultimate」(1,100円/月)を3カ月無償利用可能。さらに、ゲームに関する質問を電話で問い合わせできる「LAVIEゲーミングサポート」を1年間利用可能。ゲーミングを熟知した技術者が対応し、ゲームを快適にプレイできる環境設定などをアドバイスするという。

    また、NECの「PC-9801」が発売されて40周年を記念して、PC-9801などの約1,000タイトルのレトロゲームが楽しめる「プロジェクトEGG」(D4エンタープライズ)とLAVIE GXのコラボレーションも実施。LAVIE GXを7月5日~10月31日までの間に購入し、「プロジェクトEGG」にエントリーすると、プロジェクトEGGで利用いただける3,000ポイント(3,000円相当)がもらえるほか、無料で160タイトルがプレイ可能となる。

    購入者先着500名に、カプコンの「モンスターハンターライズ デラックスエディション」(Steam版)のダウンロードコードをプレゼントするキャンペーンも8月28日まで展開する。
    https://asset.watch.impress.co.jp/img/ipw/docs/1422/461/gx1_s.jpg
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1422461.html

    【NEC PC、ゲーミングPC参入。Xboxコントローラが付属「LAVIE GX」】の続きを読む

    このページのトップヘ